『えいがのおそ松さん』好評!感動の声続々

『えいがのおそ松さん』好評!感動の声続々

感動もできる!『えいがのおそ松さん』より - (C) 赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会2019

 人気アニメの完全新作である劇場版『えいがのおそ松さん』が15日に公開された。興行通信社より発表された土日2日間(3月16日〜3月17日)の全国映画動員ランキングでは7位にランクインし、ぴあ映画初日満足度ランキングで1位を獲得。映画を観た人からは感動の声が寄せられている。

 赤塚不二夫の代表作の一つ「おそ松くん」が“復活”を遂げ、多くのファンから支持されている「おそ松さん」。赤塚不二夫生誕80周年を記念してテレビアニメの第1期が制作され、2015年10月から翌年3月まで放送された。クズでニートというダメな大人に成長した6つ子を描いたギャグコメディーは大ブームを巻き起こし、「2016年ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされた。

 主人公の6つ子の声を人気声優の櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由が担当。2017年10月のテレビアニメ第2期の放送開始にあわせてこの6人が雑誌「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)の表紙を飾ると、発売開始後すぐに完売状態になり、発売から1週間もたたないうちに緊急重版が決定したりもした。

 完全新作エピソードを描く劇場版の公開が発表されてファンから歓喜の声が上がったのは2018年8月。それから約7か月後の映画公開まで、予告編映像の公開や主題歌の発表などの度に注目を浴びた。

 また、『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』や『PRINCE OF LEGEND』と本作のコラボ、映像配信サービスdTVで現在も配信中の「『えいがのおそ松さん』劇場公開記念 オリジナル短編劇場」にも反響が寄せられた。

 そんな『えいがのおそ松さん』が15日に遂に初日を迎えた。ファンからは「本当に面白かったし感動した」「『えいがのおそ松さん』には愛がつまっている」「笑いあり感動ありの映画だった」といった声が寄せられている。

 テレビアニメシリーズの制作陣が引き続き劇場版にも参加しており、監督は藤田陽一、脚本は松原秀、キャラクターデザインは浅野直之が担当している。6つ子が高校の同窓会に出席したことから物語が展開する。(編集部・海江田宗)

関連記事(外部サイト)