ティモシー・シャラメ主演「砂の惑星」再映画化、撮影開始

ティモシー・シャラメ主演「砂の惑星」再映画化、撮影開始

「デューン 砂の惑星」再映画化の主演に抜擢されたティモシー・シャラメ - Christopher Polk / Getty Images

 フランク・ハーバートの名作SF小説「デューン 砂の惑星」シリーズの再映画化作品の撮影が開始したと、Colliderほか複数メディアが報じている。

 全6作から成る小説「デューン 砂の惑星」シリーズは、砂に覆われ巨大な虫が支配する惑星アラキス、通称“デューン”を舞台に繰り広げられる権力闘争を壮大なスケールで描いたSF超大作。1984年に映画『ブルーベルベット』、テレビシリーズ「ツイン・ピークス」などでおなじみのデヴィッド・リンチが監督を務めた映画『砂の惑星』は、今でもカルト的人気を誇っている。

 本作は、ワーナー・ブラザースがレジェンダリー・エンターテインメントとタッグを組んで製作する予定。『メッセージ』『ブレードランナー 2049』などのドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務め、脚本も『フォレスト・ガンプ/一期一会』のエリック・ロスや『パッセンジャー』のジョン・スペイツらと共同執筆。2部構成になる見通し。作曲を、『ブレードランナー 2049』で、ヴィルヌーヴ監督とタッグを組んだハンス・ジマーが担当する。

 主演は、『君の名前で僕を呼んで』で注目されたティモシー・シャラメ。オリジナル映画版でカイル・マクラクランが演じたポウル・アトレイデスを演じる。その他、『スター・ウォーズ』シリーズのオスカー・アイザック、『アクアマン』のジェイソン・モモア、『デッドプール2』のジョシュ・ブローリン、『ミッション:インポッシブル』シリーズのレベッカ・ファーガソン、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのデイヴ・バウティスタら豪華な顔ぶれがそろう。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

関連記事(外部サイト)