小栗旬の太宰治が魅惑的!特報で宮沢、沢尻、二階堂とのラブシーン

小栗旬の太宰治が魅惑的!特報で宮沢、沢尻、二階堂とのラブシーン

唇の赤は……!ティザービジュアル - (C) 2019 『人間失格』製作委員会

 小栗旬が写真家、映画監督の蜷川実花とタッグを組み、作家・太宰治を演じる新作映画の特報が公開。宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ演じる女たちとの濃密な関係が見られる。なお、タイトルを『人間失格』から『人間失格 太宰治と3人の女たち』に改めることを発表。本作が小説の映画化作品とは異なり、また太宰と彼を愛した3人の女たちとの関係に焦点を当てていることから副題がつけられた。

 特報は、「人間は、恋と革命のために生まれてきた」の名言、小栗演じる太宰のアップから始まる。本作は、太宰の代表作「人間失格」誕生秘話を、太宰自身と彼を愛した3人の女たちを通し、事実に基づくフィクションとして映画化するもの。太宰を献身的に支える正妻・津島美知子に宮沢、太宰の愛人であり弟子の太田静子に沢尻、太宰の愛人で最後の女・山崎富栄に二階堂がキャスティングされた。

 「大丈夫。君は僕が好きだよ……」と甘い言葉をささやいて迫る太宰と、女たちの関係が艶やかに映し出されるなか、修羅場も。愛人・静子からは「赤ちゃんがほしい」と笑顔で迫られ、愛人・富栄からは「嘘つき!」と突き飛ばされ、正妻の美知子は「あなたはもっと凄いものが書ける!」と叫ぶ。一方で、太宰が執筆に没頭する姿、ずぶ濡れで「死ぬかと思った……」とつぶやく姿もあり、スキャンダラスな人生を物語っている。

 また、新たに公開されたティザービジュアルには太宰と3人の女たち、「禁断の恋。ヤバい実話。」のコピーを配置。太宰が唇についた赤い何かを手の甲で拭う艶めかしい画で、そのアンニュイな表情も目を引く。

 劇中音楽を、パリを拠点とする音楽家・三宅純が担当し、現在作曲中。三宅は、これまで大友克洋総監督のオムニバスアニメーション映画『MEMORIES』やリチャード・ギア主演映画『嘘はフィクサーのはじまり』などの音楽を手掛けている。(編集部・石井百合子)

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は9月13日公開

関連記事(外部サイト)