玉森裕太、緊張感たっぷりの撮影で鼻血も…監督が演技に太鼓判!

玉森裕太、緊張感たっぷりの撮影で鼻血も…監督が演技に太鼓判!

玉森裕太

 Kis-My-Ft2の玉森裕太が16日、都内で行われた主演映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の完成披露レッドカーペット&舞台あいさつに出席し、共演者の吉岡里帆、染谷将太と緊張感たっぷりだったという撮影現場の様子を振り返った。

 東野圭吾の同名小説を映画化した本作は、2つの異なる世界を舞台に男女3人の姿を描くミステリー。この日は玉森、吉岡、染谷とともに筒井道隆、美村里江、清水尋也、石田ニコル、田口トモロヲ、監督の森義隆も登壇。レッドカーペットでは一同にこやかにファンとの交流を楽しんだ。

 2つの世界で翻弄される主人公を熱演した玉森は「魂を込めた作品です」と感慨深げな様子。撮影中は「にこやかな現場では決してなかった。基本、ずっと緊張感があった」とのこと。吉岡も同意しながら「監督がドSすぎるんです。味わったことのないくらいストイックな現場で、キャスト同士も緊迫して会話もなく、今こうしてほっこりしているのが不思議な感じです」と語った。

 また、吉岡は「(自分がいないときに)玉森さんが染谷さんとの大事なシーンで鼻血を出されたと聞いて。追い込まれて追い込まれて出た鼻血なのかなと思いました」と撮影現場でのエピソードも紹介すると、玉森は「(染谷演じる)智彦との大事なシーンで熱が上がりすぎたのか、タラっと出てしまって……」と照れ笑いを浮かべた。

 そのなかで空気が緩む瞬間もあったそうで、玉森は「(吉岡演じる)麻由子と思い出の写真を撮る場面で、大きな滑り台があって、監督が何気なく子どものように遊んでいるのを見て、僕の心が少し穏やかになったのを覚えています」と述懐。染谷も「緊張感のある現場で、お二人が唯一お弁当を選ばれるときだけ笑顔がこぼれていて、それが唯一の救いでした」と述べる。ただ昼食中は会話もなく、緊張感が途切れることはなかったそう。

 森監督はこうした雰囲気を作った理由について「玉森裕太という俳優を誕生させるという思いから、今回は彼を追い込みました」と明かす。「結果、その期待に彼は見事に応えてくれました」と玉森の奮闘を称賛すると、客席から大きな拍手が。続けて森監督は「映画俳優・玉森裕太の誕生をみなさんもぜひ一緒に見届けてください」と嬉しそうに客席に呼びかけて、会場を盛り上げた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』は5月31日公開

関連記事(外部サイト)