松坂桃李の令和の抱負に杉野遥亮「無言の圧」感じる

松坂桃李の令和の抱負に杉野遥亮「無言の圧」感じる

感謝を伝えた松坂桃李ら

 俳優の松坂桃李が6日、都内で行われた映画『居眠り磐音』(5月17日公開)の完成披露試写会に出席。紆余曲折ありながらも作品をお披露目できることへ感謝を述べると、新元号「令和」へのユニークな抱負を語った。

 本作は、累計発行部数2,000万部を突破した佐伯泰英の名作小説シリーズを、『超高速!参勤交代』シリーズなどの本木克英監督が映画化。ある事件により2人の幼なじみを失い、許嫁を残して脱藩した坂崎磐音(松坂)が、江戸幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれながらも、悪に立ち向かう姿を描く。

 イベントには松坂のほか、木村文乃、芳根京子、杉野遥亮、南沙良、石丸謙二郎、西村まさ彦、中村梅雀、柄本明、本木監督も出席。出演者だったピエール瀧が麻薬取締法違反の疑いで逮捕・起訴された影響で、奥田瑛二が代役を務め一部撮り直しがあった本作。松坂は「みなさんの応援と支えのおかげで完成披露まできました」と語ると、本木監督も「困難を乗り越えての公開です」としみじみ。

 松坂にとっては本作が時代劇初主演。「磐音の壮絶な運命としっかり向き合った」と覚悟を持って臨んだことを明かすと、映画『今日、恋をはじめます』『ピース オブ ケイク』など松坂との共演経験が多数ある木村も「いままで見たどの背中よりも背負っているものが大きく感じた」と証言していた。

 そんな松坂は、新元号「令和」での抱負を聞かれると「豊かに」と回答。理由を問われると「仕事も生活も豊かに、周りを含めて豊かになっていきたい」と語っていたが、司会者から「具体的に」と突っ込まれると「事務所が豊かになればいいですね。人数が少ないので、後輩を含めて頑張っていただいて……」と発言。

 木村や芳根らは爆笑していたが、松坂と同じ事務所の杉野は「無言の圧を感じています」と苦笑い。続けて杉野は、令和の抱負を「跳」と述べると「跳と書いてバンジーと読みます。子供ができたときに、令和でバンジーやったんだよって自慢できるかなと思って」と理由を説明すると、松坂は珍回答をする後輩に「『豊か』にいきたいんですけれどね」とポツリ。さらに会場は爆笑に包まれた。(磯部正和)

関連記事(外部サイト)