『Diner ダイナー』など注目作6選!【今週公開の映画】

『Diner ダイナー』など注目作6選!【今週公開の映画】

映画『Diner ダイナー』より - (C) 2019「Diner ダイナー」製作委員会

 蜷川実花監督と藤原竜也の初タッグ作など、今週公開の注目映画を紹介する。(編集部・大内啓輔)

殺し屋専用のダイナーで、本能を刺激する殺し合いが始まる……

『Diner ダイナー』7月5日公開

 『さくらん』『ヘルタースケルター』などの蜷川実花監督作。“殺し屋専用”のダイナーを舞台に、店主と店を訪れる凶悪な殺し屋たちの異様な世界を描き出す。藤原竜也が元殺し屋の天才シェフを演じ、共演者には玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二という豪華な顔ぶれが揃う。原作は、平山夢明の大藪春彦賞受賞作。

美しきトランスジェンダーの少女が辿りついた先は?

『Girl/ガール』7月5日公開

 第71回カンヌ国際映画祭でカメラドールなど、数々の賞に輝いた話題作。バレリーナを夢見る15歳のトランスジェンダーのララは、父にも支えられながら難関バレエ学校への入学を認められて血のにじむような努力を重ねていく。しかし初公演が迫るなか、ララは心身共に追い詰められていく……。映画初出演となるヴィクトール・ポルスターが主演を務め、アリエ・ワルトアルテなどが共演。1991年生まれの若手監督ルーカス・ドンがメガホンを取った。

岡田惠和×銀杏BOYZ・峯田和伸が紡ぐ青春と恋の物語

『いちごの唄』7月5日公開

 ロックバンド・銀杏BOYZの詞曲をもとに、人気脚本家・岡田惠和が書き下ろした小説を映画化。憧れのクラスメートと再会した青年が彼女と毎年七夕の1日だけに会う約束をし、思いを募らせていく。古舘佑太郎と石橋静河をはじめ、和久井映見、光石研、清原果耶、宮本信子、そして銀杏BOYZの峯田和伸も出演。監督は、ドラマ「トドメの接吻(キス)」などの演出を担当してきた菅原伸太郎。

ポール・ダノの監督デビュー作!14歳の息子を通して描く家族の物語

『ワイルドライフ』7月5日公開

 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』などの人気俳優ポール・ダノの監督デビュー作。実生活のパートナーである女優、脚本家のゾーイ・カザンとともに製作、脚本も務めた。1960年代、カナダとの国境に近いモンタナ州の田舎町を舞台に、幸せだった家族が崩壊していくさまを14歳の少年を通して静かに映し出していく。キャリー・マリガン、ジェイク・ギレンホール、エド・オクセンボールドらが出演する。

黄金に魅せられた、決して手を組むべきではなかった4人の男たち

『ゴールデン・リバー』7月5日公開

 ジャック・オーディアール監督作。ゴールドラッシュに沸くアメリカを舞台に、普通を夢見る兄と裏社会でのし上がりたい弟の殺し屋兄弟ら、黄金に魅せられた男たちの姿を描く。ジョン・C・ライリー、ホアキン・フェニックス、ジェイク・ギレンホール、リズ・アーメッドが共演。第75回ベネチア国際映画祭では銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した。

仮面ライダー俳優も多数出演!御前試合をテーマに描かれる時代劇

『GOZEN−純恋の剣−』7月5日公開

 東映と東映ビデオが共同で手掛けるプロジェクト「東映ムビ×ステ」第1弾となる時代劇。将軍や大名の前で武芸を競う「御前試合」をテーマに、命がけの攻防に挑む男たちの思いを描く。特撮ドラマ「仮面ライダービルド」に続いて共演を果たした犬飼貴丈と武田航平ほか、優希美青、小野塚勇人、町井祥真、前山剛久らが出演。監督は『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』などの石田秀範。

関連記事(外部サイト)