萩本欽一、密着ドキュメンタリー映画「見られない」 「僕にとっては“ドッキリ”メンタリー」 映画「We Love Television?」完成披露舞台あいさつ2

 コメディアンの萩本欽一さんが9月16日、浅草公会堂(東京都台東区)で行われたドキュメンタリー映画「We Love Television?」(土屋敏男監督、11月3日公開)の完成披露に登場。同作は2011年から萩本さんが新番組の制作に関わる姿に密着したドキュメンタリーで、萩本さんは当初、映画になるとは思わなかったといい、「仕事でもないのにいつもカメラを持ってるなと思った。いよいよ天国とかそっちにいくのが近くなってきたから、普段の萩本欽一を撮って、亡くなったらそれを流そうとしているのかなと思ってた」と冗談交じりに語った。映画の中で「使われたら困るようなことを言っている」と明かし、完成作は「見ない、じゃなくて見られない」と語った。

 「We Love Television?」には萩本さんのほか、女優の田中美佐子さん、お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんらが出演している。「進め!電波少年」シリーズなどの土屋さんが企画・構成・監督を務めた。萩本さんは同作について「ドキュメンタリーじゃない。僕にとってはドッキリ(笑い)。ドッキリメンタリー、コマッタリー」とおどけ、「この映画が当たらなかったら、(今後も)気楽にしゃべりますけど、当たったらどっかで撮っているなと思って気を付けます」とちゃめっ気たっぷりに話し、笑いを誘った。

 完成披露は、同日から開催されている「第10回したまちコメディ映画祭in台東」内のイベントとして実施。萩本さん、土屋監督が出席した。