松坂桃李、「主役なのに早く帰る日が多い」出演シーンの少なさに嘆き節? 映画「不能犯」完成披露試写会2

 俳優の松坂桃李さんが12月21日、東京都内で開かれた主演映画「不能犯」(白石晃士監督、2018年2月1日公開)の完成披露試写会に登場した。立件不能な犯行をする謎の男・宇相吹正(うそぶき・ただし)を演じた松坂さんは「純粋に楽しかったですね」と振り返ったが、白石監督は「彼(松坂さん)は主役なのに早く帰る日が多くて、『(松坂さんが)あれ? 俺主役だよな』とときどきもらしていましたね」と撮影時のボヤキを暴露していた。

 松坂さんは「いやいや、全然そんな。こういう出方は新鮮だな。(出演時間の長さを)気にしている人みたいじゃないですか。そんなことないですから」と懸命に否定していたが、「いろいろな人と絡みたかったのですが……」と登場シーンの少なさを嘆いていた。

 試写会には、新田真剣佑さん、間宮祥太朗さん、矢田亜希子さん、白石監督も出席。現場の松坂さんについて、共演の沢尻エリカさんは「しゃべりにくくて本当に怖かった」、芦名星さんも「異様でいびつ。話しかけられなかった」と宇相吹役に入り込んでいた松坂さん役を絶賛した。

 「不能犯」は、「グランドジャンプ」(集英社)に連載中の宮月新さん原作、神崎裕也さん作画の人気マンガが原作。都会で次々と変死事件が起き、警察が証拠を一切見つけられない中、現場では黒スーツの男が毎回目撃されていた。SNSで「電話ボックスの男」とうわさされる宇相吹正という男に、殺人の依頼を残しておくと、ターゲットを確実に死に至らしめるという。死因は病死や自殺、事故などで、宇相吹の犯行はすべて立件不可能な犯罪(=不能犯)だった……というサスペンス。