松岡茉優、初主演映画公開に感慨 “先輩”綾野剛とのエピソードも明かす 映画「勝手にふるえてろ」初日舞台あいさつ1

 女優の松岡茉優さんが12月23日、東京都内で行われた初主演映画「勝手にふるえてろ」(大九明子監督)の初日舞台あいさつに出席した。松岡さんは「8歳の頃から子役をやらせていただいて、初めて映画の主演を務めさせていただきました。初主演映画の初日を迎えられるのは、今日だけ」としみじみ。さらに「私が女優として、人として、すてきになれるよう、(きょう集まった観客の)皆さんに自慢してもらえるよう頑張ります」と目を輝かせていた。

 舞台あいさつには、共演のロックバンド「黒猫チェルシー」の渡辺大知さん、女優の石橋杏奈さん、俳優の北村匠海さん、大九監督も登場。

 映画は、芥川賞作家の綿矢りささんの小説が原作で、OLのヨシカ(松岡さん)の“脳内の片思い”と“リアルな恋愛”の二つの恋の行方を描いたコメディー。