松岡茉優、石坂浩二&加賀まりこのアドバイスに“ふるえた” 映画「勝手にふるえてろ」初日舞台あいさつ2

 女優の松岡茉優さんが12月23日、東京都内で行われた初主演映画「勝手にふるえてろ」(大九明子監督)の初日舞台あいさつに出席した。タイトルにちなんで「今年一番ふるえたこと」という質問に、昼帯ドラマ「やすらぎの郷(さと)」(テレビ朝日系)で共演した「石坂浩二さんと加賀まりこさんからいただいた言葉」と書かかれたフリップを見せ、「私が今後どういう女優になっていくのかというお話をしてくれ、(二人から)そのまま行きなさいって言われて、ふるえました」と笑顔を明かした。

 舞台あいさつには、共演のロックバンド「黒猫チェルシー」の渡辺大知さん、女優の石橋杏奈さん、俳優の北村匠海さん、大九監督も登場。松岡さんと同じ質問をされた渡辺さんは「僕が好きな『爆笑問題』さんのラジオで、この映画の主題歌『ベイビーユー』をかけていただいたこと」と明かし、北村さんは「歩いていたら靴底がベロンって剥がれたこと」と発表。石橋さんは「私、しょうもない」と苦笑しながら、「ボトムスのチャックが全開がちなんです」と告白すると、松岡さんから「杏奈ちゃん、書き直す?」と突っ込まれていた。

 映画は、芥川賞作家の綿矢りささんの小説が原作で、OLのヨシカ(松岡さん)の“脳内の片思い”と“リアルな恋愛”の二つの恋の行方を描いたコメディー。