アンジャッシュ渡部建、“ハリウッドデビュー”に喜び 映画「コウノトリ大作戦!」公開アフレコイベント2

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さんと児嶋一哉さんが9月1日、東京都内で、米アニメーション映画「コウノトリ大作戦!」(ダグ・スウィートランド監督、11月3日公開)の日本語版吹き替え版の公開アフレコイベントに出席。同作で“ハリウッドデビュー”を飾ることになった渡部さんは「来ましたね。ついに、こんな日が! 信じられないです。いまだに。『世界の渡部』って言ってましたが、はじめて世界の仕事が来ました!」と大喜び。一方、声優初挑戦となった児嶋さんは「(渡部さんの)バーター?」という質問に怒りながらも、「でもバーターかな、ともちょっと思っている。何でもいいです。こんな機会ないですからね」と笑顔で喜んでいた。

 映画は、「コウノトリが赤ちゃんを運んでくる」という寓話を基にした、ピクサー出身のアニメーターのスウィートランド監督の注目作。赤ちゃんの配達を禁止したコウノトリ宅配便社のエースであるコウノトリのジュニアが、手違いから誕生した赤ちゃんを会社に内緒で人間の元へ届ける決心をして……というストーリーで、日本語吹き替え版では渡部さんがジュニア、児嶋さんが告げ口屋のハト・トーディの声を演じる。