西内まりや、ハニー風タイトワンピで胸元チラ見せ 石田二コルはシースルーで魅了 映画「CUTIE HONEY−TEARS−」完成披露上映会舞台あいさつ1

 女優の西内まりやさんとモデルの石田二コルさんが9月15日、東京都内で行われた映画「CUTIE HONEY−TEARS−」(A.T.&ヒグチリョウ監督、10月1日公開)の完成披露上映会に登場。主人公のアンドロイド、如月瞳(キューティーハニー)を演じている西内さんは、胸元がチラリと見えた赤が基調のタイトなワンピースで「キューティーハニーを意識して『これだ!』って、スタイリストさんと選びました」と笑顔で明かした。

 一方、悪のヒロイン・ジル役で出演している石田さんは、体のラインをあらわにしたシースルーの黒のロングドレス姿で観客を魅了。石田さんは「感情のないアンドロイドで、いかにモノになれるかを考えました。だたジルには自分の中の正義がある。みんなに好かれる悪役になれれば」と話していた。

 「キューティーハニー」は、「デビルマン」「マジンガーZ」を手掛けた永井豪さんのマンガ。1973年に「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載を開始。女性型アンドロイドの如月ハニーと、ハニーの体内に内蔵された「空中元素固定装置」を狙う犯罪組織「パンサークロー」との戦いを描いた物語。人気を得てテレビアニメ化されたほか、庵野秀明さんが監督、佐藤江梨子さん主演で映画化もされた。

 「CUTIE HONEY−TEARS−」は、全世界で異常気象や未知のウイルスが蔓延(まんえん)した近未来を舞台に、人間の感情を持つアンドロイドのキューティーハニーの活躍を描く。