鈴木保奈美、“美人3姉妹”の母親役に残念?「4姉妹に…」 映画「カノン」完成披露試写会1

 女優の佐々木希さんが9月14日、東京都内で行われた映画「カノン」(雑賀俊朗監督)の完成披露試写会に、劇中で3姉妹を演じた比嘉愛未さん、ミムラさんとともに出席。秋の訪れを感じさせる三者三様のファッションを披露した。

 佐々木さんは総プリーツの花柄ワンピース姿で、スカート部分が黒の切り替えになった個性的なデザイン。比嘉さんはイエローのカットソーにベージュ色のミモレ丈スカートを合わせた秋らしいコーディネート、ミムラさんは光沢感のあるシックなグレーのロングワンピースを着こなした。

 映画は富山県や石川県など北陸の町と東京を舞台に、3姉妹と母親の絆を描いた作品。祖母が遺した手紙で、死んだはずの母が生きていたことを知らされた3姉妹が、自分たちの傷に向き合いつつ、母の過去をたどり、未来への一歩を踏み出そうとする……という感動作で、比嘉さんが次女・岸本藍役で主演。長女・宮沢紫役をミムラさん、三女・岸本茜役を佐々木さんが演じた。

 イベントには、3姉妹の母親役を演じた鈴木保奈美さんも登場。鈴木さんは淡い紫の着物姿で、裾のススキの模様で秋を感じさせていた。映画は10月1日公開。