桜庭ななみ、撮影で覚えた韓国語は「眠い」 共演のL.Joeと登場 映画「絶壁の上のトランペット」初日舞台あいさつ1

 女優の桜庭ななみさんが9月17日、東京都内で行われた主演映画「絶壁の上のトランペット」(ハン・サンヒ監督)の初日舞台あいさつに登場した。日韓共作となった今作で韓国語を勉強し、現場では共演した韓国の音楽グループ「TEEN TOP」のメンバー L.Joe(エルジョー)さんとも韓国語で「ちょっとだけ」会話したという桜庭さん。「L.Joeさんに教えてもらった言葉がありました」といい、韓国語で「眠い」と発音して、観客から感嘆の声が上がっていた。

 映画は全編、石垣島で撮影。東京で写真を学ぶ女子大生のアオイが、心臓移植の手術を受け、療養のため石垣島を訪れ、そこで出会ったトランペット吹きのジオと出会う……というラブストーリー。桜庭さんはヒロインのアオイ、L.Joeさんはジオを演じた。舞台あいさつには、アオイの叔父を演じた俳優の辰巳琢郎さん、アオイの元恋人を演じた久保田悠来さんも出席した。

 お気に入りのシーンを聞かれると、桜庭さんは「一緒に自転車に乗るシーン。景色もよかったし、空気もよかったし、L.Joeさんの運転が上手でした」と振り返ると、L.Joeさんは「ななみさんが軽かったからよかったです」と答えて桜庭さんを笑わせた。一方、桜庭さんに「眠い」という言葉を教えたことについては「監督がすごくハードなスケジュールを組んだので(眠かった)。かなり苦労しました」とコメントして、サンヒ監督を苦笑させていた。