大島優子、ミニワンピで美脚披露 背中もチラ見せ 映画「真田十勇士」初日舞台あいさつ1

 女優の大島優子さんが9月22日、東京都内で行われた映画「真田十勇士」(堤幸彦監督)の初日舞台あいさつに出席。光沢のある紺地のミニワンピース、生脚にオープントゥの黒いヒールを合わせた装いで、後ろを向いた際に見える、三角形状にチラリと開いた背中がセクシーだった。

 舞台あいさつには、主演の中村勘九郎さんのほか、松坂桃李さん、永山絢斗さん、加藤雅也さん、大竹しのぶさん、高橋光臣さん、石垣佑磨さん、駿河太郎さん、村井良大さん、荒井敦史さん、望月歩さん、青木健さん、堤監督も登場。大島さんは「こちらに並ぶ十勇士の皆さんの男の生きざまを見ていただいたかと思います。本当にすごくカッコよくて、堤監督のすべてを詰め込んだ映画になっています。もっともっとたくさんの人に見ていただけたらと思うので、ぜひ知り合いの方にお伝えください」とアピールした。

 主演の勘九郎さんは、「このメンバーで『真田十勇士』を撮れたことを誇りに思います」と胸を張り、公開初日を迎えた感想を「撮影が真冬で、スケジュールも厳しく、スタッフ、キャストも過酷な状況でやっていたんですが、それが花咲いた日になりましたね……」としみじみ。松坂さんは「とってもロマンの詰まった、新しい歴史の1ページが開くような作品だなと思っています。皆さんの心にも何か残ってくれたら」と期待を込めていた。

 「真田十勇士」は、堤監督が手がけて2014年に上演された同名の舞台を映画化。天下の名将と名高い真田幸村が実は腰抜けの武将だったという設定で、幸村を本物の立派な武将に仕立てるため、猿飛佐助が大ばくちに打って出る……というストーリー。映画公開の同時期に、勘九郎さん主演で舞台も上演されている。