常盤貴子「不倫の境界線ってどこ?」 映画「だれかの木琴」初日舞台あいさつ2

 女優の常盤貴子さんが9月10日、東京都内で行われた映画「だれかの木琴」(東陽一監督)の初日舞台あいさつに登場。若い美容師に“心をとらわれる”主婦を演じた常盤さんは「今、映画をご覧になって、モヤモヤの絶頂期だと思いますが、大丈夫です。モヤモヤを楽しんでください」と笑顔であいさつ。イベントの最後には「不倫の境界線ってどこなんだろうと考える……」と語った。

 常盤さんは「このところ、ご家族とか恋人とかと、不倫について語り合うことが多かったと思う」と切り出し、「人の頭の中に入り込むことはできないし、頭の中は誰にも分からない。それってすごく怖いこと」と語った。自身の役では「それ(頭の中)を想像させてくれる映画だと思います。こういう珍しいタイプの映画をより多くの方に見ていただきたい」とアピールした。舞台あいさつには、池松さんと東監督も出席し、映画ヒットを祈願して鏡開きも行った。

 映画は井上荒野さんの小説(幻冬舎文庫)が原作で、平凡に生きてきた主婦が、ふとした心の隙間(すきま)に入ってきた美容師の男に心をとらわれ、次第にその思いがエスカレートしていき……という物語。常盤さんが徐々にストーカー化していく主婦を、池松壮亮さんがその対象となる美容師を演じた。