神木隆之介、映画「3月のライオン」で棋士役 苦労は「手つき」 「第5回 J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」表彰式2

 俳優の神木隆之介さんが24日、東京将棋会館(東京都渋谷区)で開催された子供を対象とした将棋大会「第5回 J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」の表彰式に登場した。将棋マンガが原作の映画「3月のライオン」(大友啓史監督)で主演を務める神木さんは、映画の撮影について「手つきや駒がぶつかる音など一から勉強することばかりで、苦労したところはいっぱいあります」と明かした。

 「3月のライオン」は、中学生でプロデビューした17歳の棋士・桐山零と、川本家の3姉妹の触れ合いを描いた羽海野(うみの)チカさんのマンガ。2007年7月から「ヤングアニマル」(白泉社)で連載されており、11年に「第4回マンガ大賞2011」と「第35回講談社漫画賞」、14年には「第18回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞。テレビアニメが10月からNHK総合で放送される。神木さん主演の映画は2017年3月18日に前編、同4月22日に後編が公開される。