“猿飛佐助”勘九郎、サルに襲われる? 映画「真田十勇士」舞台あいさつ2

 歌舞伎俳優の中村勘九郎さんが10月5日、東京都内で行われた映画「真田十勇士」(堤幸彦監督)の公開記念の舞台あいさつに共演の加藤雅也さんと堤監督とともに出席。舞台あいさつでは、映画のヒットを祝いに「日光さる軍団」のサルがスペシャルゲストとして登場し、勘九郎さんらに花束を贈呈した。

 「真田十勇士」は、堤監督が手がけて2014年に上演された同名の舞台を映画化。天下の名将と名高い真田幸村(加藤さん)が実は腰抜けの武将だったという設定で、幸村を本物の立派な武将に仕立てるため、猿飛佐助(勘九郎さん)が大ばくちに打って出る……というストーリー。