松山ケンイチ、20キロ増の壮絶役作りを告白 映画「聖の青春」完成披露イベント1

松山ケンイチ役作りで20kg増

松山ケンイチ、20キロ増の壮絶役作りを告白 映画「聖の青春」完成披露イベント1

 俳優の松山ケンイチさんが10月5日、東京都内で行われた映画「聖の青春」(森義隆監督、11月19日公開)の完成披露イベントに登場。将棋の天才棋士・村山聖(さとし)さんを演じるため20キロ近く体重を増やしたという松山さんは「この役ほどスタート地点に立つまで時間がかかった役はありませんでした」と告白。また村山さんを「好きになった」といい、「この人を演じられるならすべてを捨てられるっていう思いがあった。決して楽なことではなかったし、好きという気持ちは、いいとか悪いとか全部を超えられる、それを実感できた」と振り返った。

 映画は、大崎善生さんのノンフィクション小説「聖の青春」が原作。「東の羽生、西の村山」と称されるほどの実力を誇りながら、難病のため29歳の若さで亡くなった村山九段の生涯を描いている。松山さんが村山さん、東出昌大さんが羽生善治さんを演じ、村山さんをと共同生活をしながら支えた師匠・森信雄役でリリー・フランキーさん、弟弟子の江川役で染谷将太さんも出演している。

 この日は松山さん、東出さん、竹下景子さん、安田顕さんに加え、今年5月に羽生さんを破り名人となった佐藤天彦さんも登場。松山さんは「村山聖という人間の生き方にすごく心を揺さぶられたので、お客さんに伝えなくちゃいけないって、プレッシャーだった」といい、「実際にスクリーンに映る姿を見ると、よく分からなくなってしまって、自分の中でこの作品に対して答えを見いだしていない」と演技への思いを語っていた。