東出昌大、羽生王座は「鬼のよう」 本人のメガネでそっくりに 映画「聖の青春」完成披露イベント2

 松山ケンイチさん主演の映画「聖の青春」(森義隆監督、11月19日公開)で、将棋の羽生善治王座を演じた俳優の東出昌大さんが10月5日、東京都内で行われたの完成披露イベントに登場。羽生王座が7冠達成時にかけていたメガネを借り、"本人そっくり"と評判の東出さんは「本物を借りられたのは力になりました」と振り返り、実際に会った印象を「勝負の世界、感情論、いろいろな話をうかがえたんですけど、どこかつかみどころがなくて……。でもすごい人でしたね、鬼のような」と語った。

 映画は、大崎善生さんのノンフィクション小説「聖の青春」(角川文庫、講談社文庫)が原作。「東の羽生、西の村山」と称されるほどの実力を誇りながら、難病のため29歳の若さで亡くなった村山九段の生涯を描いている。共同生活をしながら村山さんを支えた師匠・森信雄役でリリー・フランキーさん、弟弟子の江川役で染谷将太さんも出演している。

 この日は松山さん、東出さん、竹下景子さん、安田顕さんに加え、今年5月に羽生さんを破り名人となった佐藤天彦さんも登場した。東出さんは「将棋ファンであったので、台本がきた時に鳥肌が立つ思いで、マネジャーさんとつい握手をしました」と笑顔で振り返っていた。