松風理咲、思いをつなげたいのは「お姉ちゃん」 映画「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」初日舞台あいさつ2

 女優の松風理咲さんが5月20日、東京都内で初主演映画「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」(杉山泰一監督)の初日舞台あいさつに、お笑いコンビ「よゐこ」の有野晋哉さん、女優の富田靖子さんらとともに登場した。

 映画は、吉野翠さんの小説「トモシビ〜銚子電鉄の小さな奇蹟〜」(TO文庫)が原作。父を亡くし、母(富田さん)と銚子で暮らす女子高校生の椎名杏子(松風さん)が、千葉のローカル線・銚子電鉄を盛り上げるイベントとして、高校生のリレーが車両と競走する「銚子駅DEN」を思い付き、実現のために奔走する物語。

 舞台あいさつには、人生に疲れ果て、ふと銚子を訪れた女性・キミエを演じた歌手・植田真梨恵さん、“撮り鉄”青年の熊神を演じた前野朋哉さんも出席した。