永野芽郁、初ラブホテルに興奮 「お風呂のガラスが透けて…」 映画「ピーチガール」大ヒット記念イベント2

 モデルで女優の永野芽郁さんが5月27日、東京都内で行われた映画「ピーチガール」(神徳幸治監督)の大ヒット記念イベントに、主演の山本美月さんとともに登場した。永野さんは、映画の撮影がラブホテルで行われたことに触れ、「ホテルでの撮影なんて初めてで。お風呂のガラスが透けてたりして(笑い)。興奮したー」と照れ笑いを見せた。

 山本さんは「撮影の待ち時間は、芽郁ちゃんとずっと話してました。ものまね大会をしたり」と明かし、永野さんは「透けたガラスに映った(体の)シルエットを写真で撮ったりしました」と振り返っていた。

 映画は、累計発行部数1300万部を超える上田美和さんのマンガが原作で、山本さんとアイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧(いのお・けい)さんがダブル主演。女子高生の安達もも(山本さん)は、ギャル風の外見のせいで、周囲から誤解されているが、実は中学時代からの同級生のとーじ(真剣佑さん)をいちずに思い続ける純真キャラ。しかし、学校一のモテ男、カイリ(伊野尾さん)とキスをしたといううわさが突然流れ……という物語。

 この日のイベントは、「大ヒット記念! 女子会舞台あいさつ」と題して行われ、事前に映画の公式サイトで募集したアンケートの回答を基に、山本さん演じるももの「最強ピュアシーン」と、永野さん演じる沙絵の「最強極悪シーン」、それぞれベスト3が発表された。