佐藤浩市、頭踏まれるシーンに「もっと踏んで」とお願い 市川猿之助は恐縮 映画「花戦さ」公開直前記者会見3

 俳優の佐藤浩市さんが5月29日、東京都内で開かれた映画「花戦さ」(篠原哲雄監督)の公開直前記者会見に出席。千利休を演じた佐藤さんは、豊臣秀吉を演じた歌舞伎俳優の四代目市川猿之助さんから頭を踏みつけられる劇中のシーンに触れ、「僕みたいな“路傍の石ころ”の役者は、圧(あつ)がかからないといけないので、猿之助くんに『もっと踏んで、踏んで』とお願いしました。違う意味に取られそうですが……」と話して出演者らを笑わせた。

 織田信長を演じた中井貴一さんも「佐藤さんがMだというのは、長い付き合いの仲でなんとなく……」と突っ込み。猿之助さんは、「『なんでこんな役を』と思ったのだけど、役だから仕方ない」ととぼけて、「心の中ではごめんなさい」と謝っていたと明かしていた。

 同日は、会見の後で完成披露上映会も開催。主演の野村萬斎さんは映画について「日本の文化がたくさん詰まっています。これからの日本の教科書、スタンダードになるんじゃないかというぐらい文化の薫りに満ちている」とアピールした。

 「花戦さ」は、天下人になった秀吉の圧政が人々を苦しめていく中、町衆の先頭に立って「いけばな」で戦いを挑み、武器を使わずに秀吉に勝った僧・池坊専好(野村さん)の活躍を描く。映画は6月3日に公開される。