萬田久子、ディーン・フジオカの魅力語る「ずっとだまされ続けてあげる」 映画「結婚」完成披露試写会2

 俳優のディーン・フジオカさんが6月8日、東京都内で行われた主演映画「結婚」(西谷真一監督)の完成披露試写会に出席。結婚詐欺師を演じるフジオカさんは「結婚詐欺は犯罪です!」と強調するも、会場のファンからの「だまして!」の黄色い声援に、「ありがとうございます」と言いながら苦笑いしていた。

 試写会には、フジオカさんのほかに、柊子さん、中村映里子さん、松本若菜さん、安藤玉恵さん、萬田久子さん、貫地谷しほりさん、西谷監督も出席。フジオカさんと2度目の共演となる萬田さんは、「ディーン(・フジオカさん)が結婚詐欺師だったら、ずっとだまされ続けてあげる」と話し、観客の拍手を浴びていた。

 「結婚」は直木賞作家・井上荒野さんの同名小説が原作。古海(うるみ)健児(フジオカさん)は完璧なビジュアルや香り立つ色気で女性たちをとりこにする結婚詐欺師で、あるときは小説家、またあるときは空間コーディネーターと、次々と姿を変え、結婚詐欺を行っていく。だまされた女性たちは、ついに古海の相棒・千石るり子にたどり着くのだが……という内容。24日公開。