キアヌ・リーブス、続編を日本で撮影するなら?「皇居や六本木」 映画「ジョン・ウィック:チャプター2」ジャパンプレミア舞台あいさつ2

 来日した米俳優のキアヌ・リーブスさんが6月13日、東京都内で行われた主演映画「ジョン・ウィック:チャプター2」(チャド・スタエルスキ監督、7月7日公開)のジャパンプレミアで行われた舞台あいさつに、スタエルスキ監督とともに登場し、会場に集まった約500人のファンを沸かせた。

 また同作は、早くも3作目の製作がうわさされているが、リーブスさんは「2を気に入ってくだされば」とニヤリ。製作の可能性について、明確には答えなかったが、「皇居の撮影はできますか? お堀の中に飛び込んだり」とエタエルスキ監督とともに、日本での撮影を期待していた。

 「ジョン・ウィック:チャプター2」は、元殺し屋のジョン・ウィック(リーブスさん)が、ニューヨークを舞台に壮絶な復讐(ふくしゅう)劇を繰り広げるアクション作品の続編。前作から5日後、イタリアンマフィアからの殺しの依頼を断り、自宅を爆破されたジョンが、復讐を開始するが、7億円の懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋から命を狙われる事態に巻き込まれる……という物語。