中川大志&栗山千明、「吹き替え版も楽しんで」パイレーツ新作で声優 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」ジャパンプレミア

 俳優の中川大志さんと女優の栗山千明さんがが6月20日、東京都内で行われたジョニー・デップさん主演の映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」(ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ監督)のジャパンプレミアに登場。中川さんは、日本語吹き替え版で、ウィル・ターナーの息子、ヘンリーの声を担当、栗山さんは今作のヒロイン、カリーナの声を担当する。

 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」は、デップさん演じる海賊ジャック・スパロウの活躍を描く人気映画シリーズの最新作。“ジャック・スパロウの誕生”と、彼への復讐(ふくしゅう)に燃えるサラザールとの対決を描く。サラザールをハビエル・バルデムさんが演じ、キーラ・ナイトレイさんが2007年公開のシリーズ3作目「ワールド・エンド」以来、10年ぶりにエリザベス・スワン役で登場する。日本公開は7月1日。