ブレントン・スウェイツ、“父”オーランド・ブルームとの共演に「いい経験」 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」ジャパンプレミア

 米俳優のジョニー・デップさんが主演する映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」(ヨアヒム・ローニング監督、エスペン・サンドベリ監督)のジャパンプレミアが6月20日、東京都内で行われ、ウィル・ターナーの息子、ヘンリー役のブレントン・スウェイツさんが登場した。

 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」は、デップさん演じる海賊ジャック・スパロウの活躍を描く人気映画シリーズの最新作。“ジャック・スパロウの誕生”と、彼への復讐(ふくしゅう)に燃えるサラザールとの対決を描く。サラザールをハビエル・バルデムさんが演じ、キーラ・ナイトレイさんが2007年公開のシリーズ3作目「ワールド・エンド」以来、10年ぶりにエリザベス・スワン役で登場する。日本公開は7月1日。