窪塚洋介、俳優業を語る「芝居と演技は違う」 映画「アリーキャット」公開記念イベント2

 俳優の窪塚洋介さんが7月7日、東京都内で映画「アリーキャット」(榊英雄監督、7月15日公開)の公開記念イベントに登場。

 映画は、後遺症を抱える元ボクサーで、今は警備員のアルバイトで食いぶちをつなく“マル”こと朝秀晃を窪塚さん、保健所で保護ネコを引き取った際にマルと出会う“リリィ”こと梅津郁巳を、人気ロックバンド「Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)」の降谷建志さんが演じ、ひょんなことからバディとなった男二人が、一人の女を守るために奮闘する再生の物語。シングルマザーのヒロインに市川由衣さん、ヒロインの元恋人で凶悪なストーカー役でお笑いコンビ「品川庄司」の品川祐さんも出演している。

 この日は「窪塚洋介オールナイト」と題して、窪塚さんの過去の主演映画「GO」「凶気の桜」「ジ・エクストリーム・スキヤキ」を続けて上映するイベントで、榊監督も登場した。