乃木坂46堀未央奈、映画初出演にして初主演に期待の声 「ホットギミック」実写化

堀未央奈が「ホットギミック」で映画初出演にして初主演 清水尋也、板垣瑞生も出演

記事まとめ

  • 乃木坂46の堀未央奈が「ホットギミック」で映画初出演にして初主演を務める
  • 同作に、清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗も出演し、2019年に公開されることが判明
  • 「ホットギミック」はBetsucomi(小学館)に掲載された相原実貴氏の少女漫画である

乃木坂46堀未央奈、映画初出演にして初主演に期待の声 「ホットギミック」実写化

乃木坂46堀未央奈、映画初出演にして初主演に期待の声 「ホットギミック」実写化

堀未央奈 (提供画像)

堀未央奈・ホットギミック/モデルプレス=9月26日】相原実貴氏の漫画を原作とする映画「ホットギミック」の製作が発表された。主演は、映画初出演にして初主演となる堀未央奈(乃木坂46)。清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗も出演し、2019年に公開されることが明らかとなり、ネット上では反響が寄せられている。

◆「ホットギミック」製作のきっかけ

2000年、Betsucomi(小学館)に掲載されて以降「ホットギミック」は、片思いが成就することに主眼を置いた、それまでの“少女漫画”というカテゴリを飛び越え、男女の繊細な駆け引きを活写することで多くの読者を魅了。主人公の初と、同じ社宅に住む幼馴染の亮輝、梓、そして兄の凌。“本物の恋”を求めて三種三様の王道の恋愛が展開され、若い読者には少し背伸びをした内容も入り混じったストーリーとなっており、女の子が本質的にドキドキするような恋愛が細部にまで描かれた。

監督・脚本の山戸結希氏と、同作のプロデューサーが「若者の胸に突き刺さる鮮烈な、新しい時代の青春映画を作りたい」という情熱が合致し、『溺れるナイフ』の公開と前後して、本作の企画が進行。制作陣は「少女漫画映画において、一般的になりつつある『胸キュン』的な描写を今一度突き詰めて考え、現代少女漫画の流れの原点である『ホットギミック』を原作にすることで、熱量を伴う『少年少女の青春』が、より鮮烈に若者の胸に突き刺さると確信しています」と熱く語っている。

◆「ホットギミック」で初主演 堀未央奈のみずみずしさ

3人の男性との恋に揺れ動く主人公・初を演じる堀は、国民的アイドルグループ・乃木坂46の次世代エースとして注目を集める存在。

2期生で誰よりも早く正規メンバーへ昇格し、初選抜にも関わらずいきなりのセンターに抜擢された実力の持ち主。2017年には人気女性ファッション誌「ar」のレギュラーモデルに抜擢され、1stソロ写真集「君らしさ」は発行部数が10万部を突破するなど、その勢いはまさにとどまる所を知らない。

そんな中、山戸監督が乃木坂46の14thシングル「ハルジオンが咲く頃」のMVを手掛けた際に、そのみずみずしい存在感が印象に残ったため、今回映画初出演にも関わらずいきなりの主演に抜擢。キャスティングに至る経緯について「ずっと見ていたくなるようなフレッシュでみずみずしいヒロイン像を探す中で、堀未央奈さんの存在が浮上しました。映画界ではまだ無名だが、だからこそ未知数な可能性を秘めたヒロインを新たに作り出せるはず。映画界ではニューカマーとなる堀が、山戸監督作品の中でどんな女優として輝くのか、期待が高まります!」と制作側は語っている。

◆堀未央奈「ほっとしています」

初選抜・初センターという異例の抜擢を経験している堀だが、「不安な気持ちはあります」と映画初出演にして初主演という起用にプレッシャーもある様子。それでも、クランクインを迎え、「監督の演出、共演の皆さんとのお芝居、その1つ1つの撮影が本当に楽しいです。実は人見知りなので、最初は現場に溶け込めるか不安でしたが、共演のみんなも年が近く話しかけてくれるので、ほっとしています」と胸をなでおろした。

また、撮影前に山戸監督とじっくり話をする機会があったことも明かし、「この映画にかける思いを本気で話すことができ、カメラの前に私がいる時の気持ちも、汲み取ってくれているんじゃないかな?と、思っています」と告白。「誰かと付き合っていたとしても、ほかの誰かに気持ちが迷ってしまう事、誰にでも起こりうることじゃないかなと思っています。そんな初のリアルな心情、心の揺れを新鮮にリアクションしていきたいです」と意気込みを語った。

◆清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗が揃う「ホットギミック」

そして、主人公・初に恋する3人の男性陣には映画界で注目の若手俳優が集まった。

主人公と同じマンションに住む幼馴染・亮輝を演じるのが清水。「とても難しい役所ではありますが、決して妥協せず、皆様の心に残る橘亮輝を演じ、そして生きたいと思います」と語る清水が、エリート男子高に通い頭脳明晰・容姿端麗な女子の憧れの的でありながら、初への想いをうまくぶつけられない亮輝の繊細な心情の変化をどのように表現するのか見どころだ。

また、板垣が、もう1人の幼馴染・梓役を担当。過去のとある出来事から心に暗い影を潜め、どこかミステリアスな雰囲気を持つ役どころにむけて「梓の闇の部分も、すごくキラキラとした部分もどっちもたくさんの方に魅力的に伝わるように楽しめればと思っています」とコメントした。

そして、初の兄・凌を演じるにあたり、「凌はとても切ないキャラクターです。山戸監督とも、それをしっかり表現できたらいいね、という話をしていたので、しっかりキャラクターを作っていきたいですね」と自身の役柄も踏まえて意気込んだ間宮。「僕はどうも、年下の女優さんから『怖い』と思われてしまうことがあるのですが(笑)、堀さんとは兄と妹の役ですから、そう思われないように関係を作っていかなくちゃいけないなと思っています」とも語っている。

◆山戸結希監督「ホットギミック」への思い

すべては「若者の胸に鮮烈に刺さる、新しい時代の青春映画を作りたい」という情熱から動き出した同作。山戸監督は「たったひとりの女の子のために、漫画を描き続けてきた相原先生の心の美しさに、せめてこの作品を作っている間だけは、どうか共鳴しながら、心から美しいと感じるキャストの皆さんを、その感覚そのままに、スクリーンに映し出せることを祈っています」とコメント。

山戸監督が認めた“みずみずしい存在感”で主演に抜擢された堀、若き実力派の清水・板垣・間宮、キャスティングで実写映画化されることに、原作の相原氏も「映画館で、私が造ったキャラクターたちが動く世界を観せて貰える機会に感謝しつつ、漫画とはまた別の実写版ギミックを読者の皆さんと一緒に楽しみにしたいと思います」と期待を寄せている。

◆期待の声続々

ネット上では「みおな映画主演!?」「ホットギミック読んだことあるー!実写化嬉しい」「推しが大集結の映画」「うわーーーみおなすごい!早く見たい」など期待の声が寄せられている。(modelpress編集部)

■映画「ホットギミック」ストーリー

どこにでもいる平凡な女子高生・成田初(なりたはつみ)。優しい兄・凌(しのぐ)、元気な妹・茜(あかね)と両親と、ごく普通の家庭で暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(たちばなりょうき)に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回されることに。

そんな時、数年前に突然引っ越していった幼馴染・小田切梓(おだぎりあずさ)が帰ってきた。人気モデルとして活躍し、遠い存在だと思っていた梓が、昔と変わらず自分を守ってくれる姿に初は自然と魅かれていく。亮輝に邪魔をされながらも、初と梓は付き合うことに。幸福感に溶けてゆく初だったが、実は梓にはある目的があった―。

さらに、兄・凌の秘密を知ってしまう。今まで通りではいられなくなり、戸惑う初。

昔から憧れの存在だった梓。口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる亮輝。幼い頃からいつも自分を守ってくれる凌。そんな3人の男性との恋に揺れ動く初の運命は…。

■堀未央奈コメント

私自身、映画は初主演と言う事で不安な気持ちはありますが、クランクインして、監督の演出、共演の皆さんとのお芝居、その1つ1つの撮影が本当に楽しいです。実は人見知りなので、最初は現場に溶け込めるか不安でしたが、共演のみんなも年が近く話しかけてくれるので、ほっとしています。

元々、山戸監督とは、乃木坂46のMVでご一緒したことがありましたし、作品もいくつか拝見していました。ずっと、もっと一緒にお話ししてみたいなと思っていたのですが、今回、撮影が始まる前に2人でじっくり話せる機会がありました。この映画にかける思いを本気で話すことができ、カメラの前に私がいる時の気持ちも、汲み取ってくれているんじゃないかな?と、思っています。

原作は、凄く面白い作品。誰かと付き合っていたとしても、ほかの誰かに気持ちが迷ってしまう事、誰にでも起こりうることじゃないかなと思っています。そんな初のリアルな心情、心の揺れを新鮮にリアクションしていきたいです。

■清水尋也コメント

山戸監督と作品を作れる事への喜びと、良い物にしなければ、というプレッシャーを共に感じました。とても難しい役所ではありますが、決して妥協せず、皆様の心に残る橘亮輝を演じ、そして生きたいと思います。

■板垣瑞生コメント

山戸さんの作品は前から観ていたのもあって、自分が出られるだなんて思っていなかったのですが、出演させていただける以上は全力をぶつけてみたいと思います。それに、清水(尋也)君とも前に共演したので、また一緒に作品に出られることが楽しみで仕方がないです。一緒にいい作品にしたいです。梓の闇の部分も、すごくキラキラとした部分もどっちもたくさんの方に魅力的に伝わるように楽しめればと思っています。

■間宮祥太朗コメント

山戸監督と初めてご一緒するので、一刻も早く山戸組の撮影リズムに入り込みたいと思っています。凌はとても切ないキャラクターです。山戸監督とも、それをしっかり表現できたらいいね、という話をしていたので、しっかりキャラクターを作っていきたいですね。僕はどうも、年下の女優さんから「怖い」と思われてしまうことがあるのですが(笑)、堀さんとは兄と妹の役ですから、そう思われないように関係を作っていかなくちゃいけないなと思っています。

■原作・相原実貴氏コメント

映画館で、私が造ったキャラクターたちが動く世界を観せて貰える機会に感謝しつつ、漫画とはまた別の実写版ギミックを読者の皆さんと一緒に楽しみにしたいと思います。

■監督・脚本 山戸結希氏コメント

たったひとりの女の子のために、漫画を描き続けてきた相原先生の心の美しさに、せめてこの作品を作っている間だけは、どうか共鳴しながら、心から美しいと感じるキャストの皆さんを、その感覚そのままに、スクリーンに映し出せることを祈っています。

なにも良いことがないと地獄のような日々を生きている、たったひとりの十代の女の子が、近所のショッピングセンターの中にあるシネコンに、ふらりと劇場に迷い込んだときに、たった一回出会えるような作品にしたいと願っています。たったひとりの十代の女の子へと、お手紙を書くように、この映画を撮りたいとずっと思っていました。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)