仲里依紗、身の回りで起きた謎な出来事明かす「事務所の若手の女の子ばかりに…」

仲里依紗、身の回りで起きた謎な出来事明かす「事務所の若手の女の子ばかりに…」

仲里依紗 (C)モデルプレス

【モデルプレス=2021/04/04】女優の仲里依紗が4日、都内で行われた「映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」(4月4日公開)の完成披露舞台挨拶に、お笑いタレントのフワちゃん、お笑いコンビ・チョコレートプラネットの長田庄平、松尾駿、メガホンをとった高橋渉監督とともに登壇。身の回りで起きた謎な出来事について明かした。

◆仲里依紗、身の回りで起きた謎な出来事

人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の映画シリーズ29作目で、シリーズ初の本格(風)学園ミステリーとなる同作。フワちゃんは、しんのすけたちカスカベ防衛隊が体験入学する天カス学園で天才YouTuberだが素行の悪さからカス組に在籍している本人役を、仲はエリートクラス・テン組に在籍するギャル・アゲハを演じる。

イベントでは、本作の内容にちなみ、身の回りで起きた謎な出来事を発表する企画も行われ、仲は“ホラー映画でれない”と書き「ホラー映画が大好きで、特にゾンビ映画がすごく好きなんですけど、公開されたものを片っ端から見ているのに1度もオファーがきたことがなくて、事務所の若手の女の子ばかりにオファーがきて、先輩には来ないのかなって謎があるなって最近気付きだしました」と嘆き、「Instagramでも発信してはいるんですけど、まだ連絡はない状態です。ネットニュースに載れば1件くらいは声がかかるかなと思うので、カシャカシャお願いします」とカメラマンにアピールした。

同じ質問に、フワちゃんは“テーブルマナー”と挙げ「大好きなアンミカさんと、高級なお店に行ったの。そうしたらトリュフのお料理が出てきて、初めてトリュフを食べようと思ったら、アンミカさんが『ちょっと待って。トリュフは食べる前にマナーがあるねん』って言って、目を瞑ってトリュフのほうに耳を当てて『先にな、トリュフの音を聞くねん。ほら、トリュフの声が聞こえるやろ』って教えてくれたの。だから聞いてみたんだけど、マジで何も聞こえなかったよ」と打ち明けて笑わせると、長田は「めちゃくちゃミステリー」と目を丸くし、松尾は「疲れてるな、アンミカさん」と心配していた。

◆仲里依紗、理想のタイプは“しんちゃん”

本作に出演しての心境を聞かれた仲は「私、ずっとしんちゃんの大ファンで、私が子どものときからずっと見ていたから、声で出させていただいてすごく嬉しくて、夢が叶った感じがします」と声を弾ませ、本作のみどころについては「しんちゃんが制服を着ているというところが、しんちゃんファンとしては激レアなんですよ。しんちゃんが家族の元を離れてお泊まりをする、野原家で起きていない事件、そこがしんちゃんファンとしては初のことだから、新しいしんちゃんワールドがこの映画で垣間見えるんじゃないかなと思います」と興奮気味にコメント。

フワちゃんは「一足先に見てきちゃったんだけど、超面白かったよ!初の本格(風)ミステリーだけあって、伏線回収もあるし、熱い友情や恋とかいっぱいあるんだけど、私が何よりもよかったのが、今までのクレヨンしんちゃんの映画の中で1番お尻が出てきます」とアピールし、「まだみんな映画を見てないと思うから1つだけしんちゃんの秘密教えてあげる。しんちゃんは考えるとき、頭じゃなくてお尻で考えるんだよ!」と笑顔交じりで語った。

また、仲はしんちゃんが理想の男性像だそうで「本当にしんちゃんが理想の男性というか、タイプで、いつも楽しそうにしてるでしょ。それが大好き。だけどしんちゃんにはななこお姉さんがいるじゃん」としんちゃんに突っ込みつつ、「本当にファンだから、お尻を出すところだったり、(母の)みさえ怒らせるところだったり、理想の男性というか、私、息子がいるんだけど、しんちゃんみたいになってほしいなってすごく思っているよ」と微笑んだ。

◆仲里依紗、無茶振りに「全然大丈夫だよ」

そして、しんちゃんから芸を伝授してほしいとお願いされたチョコレートプラネットは、TT兄弟のネタであるダンスを披露し、本作のタイトルが『花の天カス学園』であることから、しんちゃんが天ダンスに変化させると、登壇者全員も天ダンスで大盛り上がり。仲もノリノリで踊っていたが、最後にしんちゃんから「里依紗お姉さん、変なことやらせてごめんね」と謝罪されると、「全然大丈夫だよ。やれる女優だから」と笑顔で答えていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)

×