小関裕太、唯一のオリジナルキャラに 福士蒼汰&中山優馬との思い出は?<独占コメント&写真到着/映画「曇天に笑う」追加キャスト発表>

小関裕太、唯一のオリジナルキャラに 福士蒼汰&中山優馬との思い出は?<独占コメント&写真到着/映画「曇天に笑う」追加キャスト発表>

映画「曇天に笑う」で永山蓮を演じる小関裕太

【小関裕太/モデルプレス=9月8日】8日、俳優の福士蒼汰が主演をつとめる映画「曇天に笑う」(2017年公開)の第六弾キャストが発表。「大蛇(オロチ)」の発見と破壊を目的に結成された右大臣・岩倉具視直属部隊「犲(やまいぬ)」の隊員で、映画オリジナルのキャラクター・永山蓮(ながやま・れん)を、俳優の小関裕太が演じることが分かった。

◆“銃の使い手”小関裕太「男のロマンを感じていただけるのでは」

小関が演じる永山は、曇天三兄弟の長男・曇天火(福士)と、「犲」の隊長・安倍蒼世(古川雄輝)の幼なじみ。2丁拳銃を得意とし、人懐っこい性格で、チームではアイドル的な存在である。

唯一の“銃の使い手”のため、刀とは異なるアクションに苦労したところもあったようだが、「男のロマンを感じていただけるのではないかと思います!テンションあがりますよ!」と自信たっぷり。映画オリジナルのキャラクターである点については、「監督をはじめとするスタッフの方々からヒントを得ながら、『ムフッ』と笑う強気なキャラクターが生まれました」と明かした。

◆主演・福士蒼汰らイケメンキャストが集結!映画「曇天に笑う」

「踊る大捜査線」シリーズなどを手がけた本広克行監督の下、累計120万部を誇るコミックシリーズを、実写化した同作は、明治維新後の滋賀県・大津が舞台。

300年に1度蘇り、人に災いをもたらすという巨大な力を持つ大蛇(オロチ)を封印すべく立ちあがった曇天火・空丸・宙太郎の“曇天三兄弟”と、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲、そして、その力を手に入れ明治政府を転覆させるため動き出した忍者集団・風魔一族が、三つ巴の戦いを繰り広げる。

◆<小関裕太>モデルプレス独占コメント&写真到着

そして今回、モデルプレスに独占コメントと独占写真が到着。

撮影の合間には福士らとサッカーをしていたといい、「(僕らは)汗びしょびしょなのに福士さんだけ涼しそうな顔をされていたのが印象的でした(笑)」と回顧。また、曇天三兄弟の次男・曇空丸を演じた中山優馬は、小関・古川ら「犲」メンバーと一緒にいることが多かったようで、「クールな部分も、ノリのいい部分も両方もっている魅力的な方です」と紹介した。

さらに、モデルプレスの読者に向けては「永山蓮は、古川雄輝くん演じる安倍蒼世を影から支える強さをもっています。原作では女性の役が映画オリジナルキャラクターとして永山蓮になりました。男だらけの熱いストーリーをぜひ楽しみにしていてください!」とアピールした。

◆イケメンキャスト連続発表

なお、今後も同作に出演するイケメンキャストを続々と発表。モデルプレスでは、独占コメント・独占写真とともに、情報をお届けする予定。(modelpress編集部)

■小関裕太コメント

Q.原作・脚本を読まれた時のご感想は?

でてくるキャラクターが皆美しいなと思いました。見た目も、生き方も。

Q.クランクアップされたばかりですが、監督の演出はいかがでしょうか?

本広克行監督が 「踊る大捜査線」シリーズを演出なさっていたということを存じていて、どんな厳しい方なのかな?なんて思ってしまっていましたが(笑)、寄り添ってくださるとても素敵な方でした。

Q.手応えはいかがでしょうか?

なかなかです。この映画内で唯一の銃の使い手ですので、男のロマンを感じていただけるのではないかと思います!テンションあがりますよ!

Q.撮影現場の雰囲気はいかがでしたでしょうか?

この作品の中で、「犲」という政府の組織に所属しているのですが、この犲のメンバーと一緒にいる時間がとても濃くて宿泊場でも待機場所でも、もちろん撮影現場でも和気藹々とさせていただきました。

Q.「永山蓮」という役への意気込みは?演じて、難しかった点は?

なんといっても今回、原作にない映画オリジナルキャラクター。監督をはじめとするスタッフの方々からヒントを得ながら、「ムフッ」と笑う強気なキャラクターが生まれました。

Q.アクションへの気概はいかがでしょうか?

アクションの種類として、刀とは全く別の動きだったのでなかなかの苦戦具合でしたが、銃口から火炎を放ちながら気持ちよくできました。撮影が終わった今、もっとスキルアップしたいと思うので、今回お世話になったガンエフェクターの遊佐さんにまた教えていただきたいなと企んでおります(笑)。

◆独占コメント

Q.福士さん、中山さんの印象や、撮影中のお二人とのエピソードはございますか?

オールロケだったこともあり、撮影以外の時間にもご飯を食べに行き、仲を深める時間があったこともまたこの現場の素敵なところでした。福士さんとは、若山耀人くんたちと一緒にサッカーをしてました!僕らは汗びしょびしょなのに福士さんだけ涼しそうな顔をされていたのが印象的でした(笑)。中山さんは犲メンバーとよく一緒にいました!クールな部分も、ノリのいい部分も両方もっている魅力的な方です。

Q.モデルプレス読者に自分の役について見どころメッセージをお願いいたします。

小関が演じる永山蓮は、古川雄輝くん演じる安倍蒼世を影から支える強さをもっています。原作では女性の役が映画オリジナルキャラクターとして永山蓮になりました。男だらけの熱いストーリーをぜひ楽しみにしていてください!

■映画「曇天に笑う」作品概要(2017年公開予定)

原作:唐々煙「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝
監督:本広克行
脚本:高橋悠也 
出演:福士蒼汰、中山優馬、若山耀人、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太 ほか

<ストーリー>
物語の舞台は、明治維新後の滋賀県・大津。300年に一度蘇り、人に災いをもたらすという巨大な力を持つ大蛇(オロチ)。大蛇復活の年、その力を阻止するために立ち上がった曇神社を継ぐ曇家(くもうけ)の長男の曇天火、次男の空丸、三男の宙太郎の曇天三兄弟(どんてんさんきょうだい)と、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(ヤマイヌ)は、それぞれ違った方法で大蛇の力を再び封印し、日本に平和をもたらそうとしていた。しかし、その力を手に入れ明治政府を転覆させるため動き出した最強の忍者集団・風魔一族の暗躍により、曇天三兄弟の行く手は阻まれてしまう。曇天三兄弟vs犲vs風魔一族…三つ巴、空前絶後の戦いが、今始まる!

関連記事(外部サイト)