E-girls石井杏奈、ムチャぶりに涙? 広瀬すず「生で見れて興奮」

E-girls石井杏奈、ムチャぶりに涙? 広瀬すず「生で見れて興奮」

石井杏奈(C)モデルプレス

【石井杏奈/モデルプレス=9月10日】E-girlsのメンバーで女優としても活躍する石井杏奈が10日、都内にて映画「四月は君の嘘」の初日舞台挨拶に、広瀬すず、山崎賢人( ※「崎」は正式には「たつさき」)、中川大志、檀れい、新城毅彦監督が出席した。

◆石井杏奈にムチャ振り

イベントでは、Twitterに寄せられたキャストへのメッセージを紹介。「杏奈ちゃんの『かをちゃんは渡が好きなの。だから、あんたは私と恋するしかないの』(というセリフ)がめっちゃ可愛かった。その後にしゃがみこんで泣く杏奈ちゃんとか可愛すぎ」と読み上げられると、石井は「恥ずかしいですね、でも私も原作を読んでいて印象に残ったシーンなので、どうやってこの純粋な子を演じるかは悩みました」と振り返った。

すると、司会の軽部真一から「折角なので、ここでやってみましょうか?」との提案。「絶対やだ。本当に(台本に)書いてあるんですか?」と声を張り上げた石井だったが、劇中と同じように有馬公生役の山崎を相手に再現することになった。

◆石井杏奈「涙が出てきそう」

新城監督の合図をキッカケに「公生は、かをちゃんが好きなんだね…ばっかじゃないの!かをちゃんは渡が好きなの」(石井)、「…知ってる」(山崎)、「かをちゃんは渡が好きなの。だから、あんたは私と恋するしかないの」と映画さながらに披露するとキャスト陣も「可愛い」とうっとり。

感想を求められた広瀬は、「このセリフ、シーンは撮影中も4人でやってたので、1年越しに生で見れて興奮気味です」と笑顔を見せたが、当の石井は「なんか涙が出てきそう。恥ずかしい」と赤面していた。

◆映画「四月は君の嘘」

同作の原作は新川直司氏による同名人気コミック。母の死を境にピアノが弾けなくなってしまった元天才ピアニストの公生(山崎)が自由奔放なヴァイオリニスト・宮園かをり(広瀬)との出会いをきっかけに、ピアノと母の思い出に再び向き合う姿を描いた青春音楽ラブストーリー。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)