Hey! Say! JUMP知念侑李にイジり連発「体を見て興奮している」「チラッとやりたい」

Hey! Say! JUMP知念侑李にイジり連発「体を見て興奮している」「チラッとやりたい」

Hey! Say! JUMP知念侑李にイジり連発/(前列左から)伊原剛志、佐々木蔵之介、深田恭子、西村雅彦(後列左から)寺脇康文、陣内孝則、柄本時生(C)モデルプレス

【知念侑李/モデルプレス=9月10日】Hey! Say! JUMPの知念侑李が10日、都内で映画『超高速!参勤交代 リターンズ』の初日舞台挨拶に、佐々木蔵之介、深田恭子らと出席した。

◆人気シリーズ第2弾

同作は、2014年公開の映画「超高速!参勤交代」の続編。巨悪な老中による無理難題を知恵と工夫で乗り越え、江戸への参勤を果たした弱小で貧乏な湯長谷藩一行が、その帰り道に途方もない沙汰を下され、さらなる窮地に陥りながらも奮闘する姿を描く。

◆“大きい大人”にイジられる知念侑李

この日は伊原剛志、寺脇康文、柄本時生、陣内孝則、西村雅彦、本木克英監督も登壇。西村は観客に向かって「皆さん、劇中で知念さんの体を見て興奮している事でしょう」と呼びかけ、「知念さんを利用してこの映画をより多くの人に観てもらいたい。知念さんありがとう」とその人気に感謝。柄本が「知念君のお陰でチケットが売れたらしいので嬉しい」と裏事情を明かすと、寺脇も「劇中で知念君のフンドシになって、チラッチラッとやりたい」とイジリ倒していた。

一方の知念は「結構僕は動くのでフンドシは大変だと思う。でも宜しくお願いします」と寺脇のボケに乗りながら、「皆さん、興奮していただきありがとうございます。大きい大人たちの中で小さい大人として頑張りました。今日も実はインソールを履いていて、いつもよりも大きくなっていますよ」と自虐ネタで笑わせた。

◆深田恭子「羨ましかった」

また、深田と夫婦役を務めている主演の佐々木は、シリーズ第3弾で演じてみたい役柄を聞かれると「どの役というか知念君になりたい」と、この日1番の黄色い声援を受けた知念の名前を挙げるも、「でも深田さんとの夫婦のポジションを自ら外すのは痛い」とコメント。「やはり一周回ってまた殿の役をやります」と“夫ポジション”を死守する構えだった。

対して、「撮影中に藩の皆さんがいわき弁で盛り上がっているのが羨ましかったので、私もいわき弁で参加したい」と意気込む深田。しかし、佐々木と同じように「(自身が演じる姫の)お咲役で、いわき弁がうつったりとか?もしそうなったら参加したい」と“姫ポジション”続投の意志をあらわにした。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)