山田孝之のファンサービスに歓声やまず 最上もがらと“時間延長”の盛り上がり

山田孝之のファンサービスに歓声やまず、イベント中に自ら自撮り棒でファンと自撮りも

記事まとめ

  • 俳優の山田孝之が13日、都映画『闇金ウシジマくん Part3』公開直前イベントに出席
  • 山田らは、約200人のファンが迎える中、レッドカーペットをゆっくりと進んだ
  • イベント中には山田が、自ら自撮り棒でファンとセルフィーを撮るシーンも

山田孝之のファンサービスに歓声やまず 最上もがらと“時間延長”の盛り上がり

山田孝之のファンサービスに歓声やまず 最上もがらと“時間延長”の盛り上がり

ファンサービスで盛り上げた(左から)最上もが、山田孝之(C)モデルプレス

山田孝之/モデルプレス=9月13日】俳優の山田孝之が13日、都内で行われた映画『闇金ウシジマくん Part3』(9月22日公開)公開直前イベントに秋葉原発アイドルグループ・でんぱ組.incの最上もがらと出席。レッドカーペットを歩き、ファンサービスを行った。

山田らは、ウシジマラッピングを施したHUMMERのリムジンで登場。約200人のファンが迎えられ、レッドカーペットをゆっくりと進んだ。

黄色い歓声が飛び交う中、求められたサインや2ショット撮影に応じ、ファンとの交流を楽しんだ一行。またイベント中には山田が、自ら自撮り棒でファンとセルフィーを撮るシーンも。予定していた時間を大幅に過ぎるほどの盛り上がりを見せた。

レッドカーペット後のトークで山田は「このイベント自体、40分を予定しているんですが、このまましゃべり続け土砂降りになるのを待ち、その中で人が帰って行き、最後の一人になった人にはすごいプレゼントをあげようと思います!長期戦です!」と笑顔でジョークを交え、会場を盛り上げ。作品の出来に対しては、「Part3の方は安心して観て貰えれば大丈夫です。ファイナルは覚悟して観てください」とコメントした。

◆「ウシジマ」シリーズついに完結

現代社会の闇を容赦なくえぐり、ハードな内容ながら国民的ベストセラーとなった真鍋昌平氏の同名コミックスが原作。金に困り“後がない”客たちに「10日で5割(トゴ)」、時には「1日3割(ヒサン)」という超暴利で金を貸し付け、返済が滞る債務者は徹底的に追い込んで回収するヤミ金「カウカウファイナンス」の冷酷非道なカリスマ社長・ウシジマを山田が演じ、ドラマ・映画ともに人気シリーズとなった。

同シリーズの集大成として映画『闇金ウシジマくん Part3』が9月22日、映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』が10月22日に2ヶ月連続公開される。

このほかイベントには崎本大海、やべきょうすけ、山口雅俊監督が出席した。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)