ディズニーランド&シー、2017年度スケジュール発表 「パイレーツ・オブ・カリビアン」の新イベント開催

ディズニーランド&シー、2017年度スケジュール発表 「パイレーツ・オブ・カリビアン」の新イベント開催

ディズニーランド&シー、2017年度スケジュール発表 「パイレーツ・オブ・カリビアン」の新ショー開催(C)Disney

【ディズニー/モデルプレス=9月21日】株式会社オリエンタルランドが21日、東京ディズニーランドならびに東京ディズニーシーの2017年度スケジュールを発表した。

◆スペシャルイベント「ディズニー・イースター」(2017年4月4日〜6月14日)

春の定番イベントとしてお馴染みのイースターイベント。2017年度は、ディズニーランドとディズニーシーで開催。

ディズニーランドでは、ディズニーの仲間たちがイースターバニーと一緒にヘンテコ楽しいイースターを展開。パレードには、パーク内で初登場となる大人気のディズニー映画『ズートピア』の主人公ジュディ・ホップスやニック・ワイルドが新たに登場する。

一方、東京ディズニーシーでは、春らしい華やかでファッショナブルなイースターを開催。パークは今回のイースター・ファッションのトレンドとなるウサギの耳がついた帽子“イースターバニーボンネット”や“イースターエッグ”をモチーフとした装飾で飾られ、メディテレーニアンハーバーで公演されるメインショーでは、ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが自慢のイースターファッションを披露する。

◆新規アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」(2017年春〜)

ディズニーシーのポートディスカバリーに、ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』の世界を舞台にした新規アトラクションが登場。

魚サイズに縮むことができる潜水艇に乗り込んだゲストは、ニモやドリーたちと同じ目線で、映画の海底の世界を冒険できる。

◆アトラクション「タートル・トーク」がリニューアル(2017年春〜)

ウミガメのクラッシュと話すことが出来るディズニーシーの人気アトラクション「タートル・トーク」に、ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ドリー』のキャラクターが新たに出演。

おしゃべりが大好きなドリーとクラッシュの息子・スクワートたちとのかくれんぼや、ニモの父親・マーリンとスクワートの兄弟たちの愉快な掛け合いにゲストも参加したり、ジンベエザメのデスティニーやタコのハンクたちがやってきてゲストに話しかけたりと、クラッシュを中心とする個性あふれる映画の登場キャラクターとの会話をより一層楽しむことができる。

◆スペシャルプログラム「ディズニー七夕デイズ」(2017年6月15日〜7月7日)

日本のディズニーテーマパークならではの“七夕”をテーマとしたプログラムを開催。

ディズニーランドでは、彦星と織姫に扮したミッキーマウスとミニーマウスが、人力車に乗ってパレードルートをグリーティング。ワールドバザールには、笹や吹き流し、願い事を書いたウィッシングカード(短冊)を飾り付けるウィッシングプレイスが設置される。

対して、東京ディズニーシーでは、彦星と織姫に扮したミッキーマウスやミニーマウスたちによるグリーティングショーをメディテレーニアンハーバーで展開。アメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアに、ウィッシングプレイスや笹飾りなどを設置し、異国情緒あふれる七夕を盛り上げる。

◆スペシャルイベント「ディズニー夏祭り」(2017年7月11日〜8月31日)

ディズニーランドならではの、和をテーマとした“夏祭り”。2017年は、ますます楽しく華やかに行われる。

イベントでは、水しぶきを浴びながら、ディズニーの仲間たちと一緒に踊って気分も舞い上がるショーのほか、煌びやかで夏祭りらしいフォトロケーションやちょうちんも。夏祭りのグッズやメニューも登場し、ショーの和太鼓の音や祭囃子とともに、パークはお祭りムードに包まれる。

◆新規スペシャルイベント(名称未定/2017年7月11日〜)

2017年7月1日に、シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が公開されるにあたり、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界を舞台にしたスペシャルイベントをディズニーシーで新たに開催。メディテレーニアンハーバーでは、ジャックスパロウや海賊たちが大量の水しぶきとともに繰り広げるハーバーショーを公演するほか、海賊たちによるアトモスフィア・エンターテイメントが繰り広げられる。

もちろん、海賊をイメージしたグッズやメニューも登場。パークの装飾も『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界に様変わりする。

◆「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」がリニューアル(2017年7月11日〜)

今回のリニューアルでは、新たに5台のフロートが出現。ディズニー映画『アナと雪の女王』のアナ&エルサを乗せた氷の城のフロートが夜のパレードに初めて登場するほか、ディズニー映画『シンデレラ』のフロートもリニューアルし、シンデレラを乗せたかぼちゃの馬車と、プリンス・チャーミングを乗せたボールルーム(舞踏会)をモチーフとしたフロートとなる。

また、2011年7月のリニューアルで終了した、ディズニー映画『美女と野獣』のフロートも、LEDを採用し輝きを増したフロートとなって再登場。夜のパークを一層美しく彩る。

◆東京ディズニーシー「ドックサイドステージ」の新規ショー(名称未定/2017年7月11日〜2018年3月19日)

アメリカンウォーターフロントにある「ドックサイドステージ」では、ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが繰り広げる新しいグリーティングショーを実施する。

◆スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」(2017年9月8日〜10月31日)

2017年度も、ディズニーランドとディズニーシーで、それぞれ趣きの異なる「ディズニー・ハロウィーン」を展開。

東京ディズニーランドでは、“ハロウィーン・ミュージックフェスティバル”をテーマに開催。パレードルートでは、ディズニーの仲間たちやおばけやスケルトンが、様々なジャンルの音楽パフォーマンスを繰り広げるパレードを公演する。

また、東京ディズニーシーは、ディズニーヴィランズ一色の“クールで妖しいハロウィーン”がテーマ。メディテレーニアンハーバーでは、ヴィランズとミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが、妖しくも美しい、スタイリッシュなヴィランズ流のハロウィーンを楽しむハーバーショーを行う。

◆スペシャルイベント「クリスマス・ファンタジー」(2017年11月8日〜12月25日)

ディズニーランドでは、“クリスマスのストーリーブック”をテーマに、ファンタジックで楽しいクリスマスをお届け。絵本の中から飛び出してきたクリスマスを楽しむディズニーの仲間たちの物語が綴られたパレードを公演するほか、ワールドバザールの中央には高さ約15メートルのクリスマスツリーが登場し、ファンタジーあふれるクリスマスを彩る。

◆スペシャルイベント「クリスマス・ウィッシュ」(2017年11月8日〜12月25日)

パークが最もロマンティックな雰囲気であふれるこの季節、ディズニーシーは、豪華客船S.S.コロンビア号の前に高さ約15メートルのクリスマスツリーを設置。

さらに、メディテレーニアンハーバーで昼のショーを公演するほか、水上のクリスマスツリーが幻想的に光り輝く夜のショーや、アメリカンウォーターフロントのイルミネーションなど、バラエティに富んだクリスマスを展開する。

◆お正月のプログラム(2018年1月1日〜1月5日)

ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが、華やかなお正月の衣装でご挨拶。それぞれのパークのエントランスには門松などを飾り付けるほか、2018年の干支・戌にちなんだグッズやメニューで、新年に来園されるゲストを迎える。

◆スペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」(2018年1月11日〜3月19日)

ディズニー映画『アナと雪の女王』をテーマにしたスペシャルイベントをディズニーランドで開催。アナとエルサたちが繰り広げる映画の世界観を満喫できるパレードのほか、スノーギースや雪の結晶をモチーフにしたデコレーションなど、パークが『アナと雪の女王』の世界に染まる。

また、全編を通して『アナと雪の女王』のシーンで構成される期間限定のキャッスルプロジェクションも公演。映画でお馴染みの歌や心温まるストーリーを迫力いっぱいに感じることが出来る。

◆新規スペシャルイベント&ダッフィーのプログラム(共に名称未定/2018年1月11日〜3月19日)

ディズニー/ピクサー映画の世界をテーマにした新しいスペシャルイベントをディズニーシーで開催。さまざまなディズニー/ピクサー映画のキャラクターたちが、ショーやグリーティングを繰り広げるほか、新たなグッズやメニューなども登場する。

さらに、ダッフィーやシェリーメイ、ジェラトーニのプログラムも展開。グッズやメニューの販売、素敵な記念写真が撮れるフォトスポットなど、ダッフィーのほのぼのとした心あたたまる世界が生まれる。

なお、名称や内容および開催期間は変更になる場合あり。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)