「デスノートLNW」東出昌大・池松壮亮・菅田将暉が語る プレッシャー、怖さ、喜び…「負け戦をどう勝ちに持っていくのか?」<現場レポ/後編>

「デスノートLNW」東出昌大・池松壮亮・菅田将暉が語る プレッシャー、怖さ、喜び…「負け戦をどう勝ちに持っていくのか?」<現場レポ/後編>

映画『デスノート Light up the NEW world』(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

【デスノートLNW/モデルプレス=9月27日】俳優の東出昌大・池松壮亮・菅田将暉らが出演する映画『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)。2006年に公開された実写映画『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』から10年を経た世界を舞台に描く同作。このほど、日活調布撮影所に用意された巨大なセットでの撮影現場が公開され、モデルプレスでは取材を実施した。

◆「デスノート」続編 主演は東出昌大

2003年、原作・大場つぐみ氏、作画・小畑健氏により「週刊少年ジャンプ」で読み切りが掲載され、同年12月から2006年5月まで連載された伝説的コミック「デスノート」。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月(ヤガミ・ライト)と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く物語は10年以上を経た現在も支持を得て、世代を超えて読み継がれている。

実写映画『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』、2008年に公開されたスピンオフ作『L change the WorLd』を合わせたシリーズ三作の日本国内興行収入は112億円に達し、2015年には連続ドラマ化、その他にもアニメ、小説、舞台と世界中でメディアミックスを展開。

その続編となる『デスノート Light up the NEW world』は、月とLの死から10年を経た世界が舞台。デスノート対策本部の若きエース捜査官・三島創(東出)、Lの後継者で世界的探偵竜崎(池松)、キラ信奉者でサイバーテロリスト紫苑優輝(菅田)が、6冊のデスノートを巡り、三つ巴の争いを繰り広げる。

◆東出昌大コメント

東出×池松、池松×菅田、池松×菅田とそれぞれ共演シーンはあるものの三すくみでの芝居はこの日のみ。

東出演じる主人公・三島は、前作の藤原竜也が演じた主人公・夜神月、またドラマ版で窪田正孝が演じた夜神月とは真逆に、デスノートで悪の力に落ちていくキャラクターではなく、“実直でまっすぐな男”。

アグレッシブな芝居をする人たちの中で、ブレない“受けの力”が評価され起用された東出は「天才だけど、感情の起伏がある、一般のお客さんも共感できる人間じゃないかなと思います」とこれまでの主人公とは違う役割を感じているようで、「もともと原作の世代ですし、前作の映画も観ていました。ただ先日、自分が役者になってから初めて、10年前の映画を観返したんですけど、ああ、こういう映画だったんだと思ったし、観方が変わって撮り方やお芝居に目がいくようになりました。今回は自分がその10年後をやる意義やオリジナルストーリーでできることのプレッシャーを考えながら…そんな大層なものじゃないんですけど(笑)、やるだけだなと思っています」と気合いを入れていた。

◆池松壮亮コメント

そして、世界的名探偵の竜崎役の池松は「めちゃくちゃ怖いですね。怖いし、『デスノート』の魅力を考えたときにやらない方がいいんじゃないかなと思ったぐらいだから、大きな賭けに出ましたねって感じで。僕はそのスタンスが一周回って好きで、いまは負け戦をどう勝ちに持っていくのか?という楽しさを感じています」とプレッシャーを吐露。

一方で、大どんでん返しが何度もあるストーリーについては「それはもう期待してもらっていいですとしか言いようがない」と自信を覗かせつつ、「藤原竜也さんと松山ケンイチさんがいなかったらキラとLが設立しなかったのは確かなことだし、あの2人を受けての僕たちがよく思われるのか、バッシングされるのかは分からないですけど、凌駕しに行こうという気持ちはあります。後継者というのはひとつの見どころだと思います」と率直な心境を明かした。

◆菅田将暉コメント

また、サイバーテロリスト紫苑役の菅田は「個人的には原作に出てくるLの2人の後継者=メロとニアからイメージを抽出したところがあります」と役作りに言及。

「僕は前作を観ていたので、衣裳合わせのときや死神の造形物などを見て、あっ、これが『デスノート』の世界なんだって素直に興奮しました」と今作への参加に喜びをあらわにしながら、「結局は頭で考えても仕方のない部分がけっこうある気がして、それが面白みになっていると思うんです。セリフも考え出すと、グシャグシャして面白いんですよね」とその魅力を語った。

◆撮影合間に見せた素顔

三島、竜崎、紫苑の“三つ巴の戦い”となる今作では、劇中、壮絶な頭脳戦・デスノート争奪戦が繰り広げられるため、「お互い和気あいあいとする必要はないと思っていた」という東出。

しかし、「飲みに行ったら仲良くなってしまった」そうで、神戸での撮影の際には、佐藤信介監督、佐藤貴博プロデューサー、池松、菅田とともに食事へ行き、東出は“デスノートクイズ”に翻弄されていたとか…。

その仲の良さはこの日も変わらず。シリアスな劇中とはうってかわり、撮影の合間にリラックスした雰囲気で仲良く談笑する様子が数多く見受けられた。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)