二階堂ふみ「物は大事に」自身の秘密を告白

二階堂ふみ「物は大事に」自身の秘密を告白

二階堂ふみ「物は大事に」自身の秘密を告白 (C)モデルプレス

【二階堂ふみ/モデルプレス=10月1日】女優の二階堂ふみが1日、都内で行われた映画「SCOOP!」の初日舞台挨拶に、福山雅治、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキー、大根仁監督とともに登壇した。

◆二階堂ふみの秘密とは?

タイトルにかけて、自分自身に関する秘密を暴露する企画が行われ、二階堂は「未だに小学校5年生のときに買ったスカートを穿いています」と告白。「さほど身長が変わっていなくて、物は大事に」と明かした。

また、夜の東京が描かれている同作にちなみ、「普段、東京の夜をどのように過ごしているか」と聞かれると、「遊んでいます!友だちとかと若々しく、カラオケに行ったり」と紹介。上京したときは10代だったため、夜に外出することはなかったようだが、「20歳を迎えてから、年々、東京の夜というものは楽しいものなんだなと、福山さんやリリーさんという先輩方に教えていただきました」と語った。

◆二階堂ふみ「すごくいいコンビで嬉しかったです」

同作は、1985年に劇場公開された原田眞人監督・脚本作品「盗写1/250秒」が原作。芸能スキャンダルから社会事件までさまざまなネタを追いかけるカメラマンと記者の物語を描く。

福山と二階堂は、撮影現場でも息がピッタリだったそうで、「二階堂さんが、どんなお芝居でも、どんなセリフでも受け止めてくれて、すごく自由にやらせてもらったので、僕はすごくやりやすかったです」と撮影を回顧した福山。「ありがとうございます。嬉しいです」と喜んだ二階堂も、「この現場に入ってから、福山さんという素敵な大先輩とご一緒させていただいて、この方のためにという気持ちで毎日現場に行っていたので、すごくいい現場で、がきんちょなのに、すごくいいコンビで嬉しかったです」と充実した時間を思い返していた。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)