比嘉愛未の“先祖”告白に驚き「すごいことなのに」

比嘉愛未の“先祖”告白に驚き「すごいことなのに」

比嘉愛未(C)モデルプレス

【比嘉愛未/モデルプレス=10月2日】女優の比嘉愛未が2日、都内で行われた映画「カノン」公開記念舞台挨拶に、佐々木希、ミムラ、鈴木保奈美、桐山漣、多岐川裕美、雑賀俊郎監督とともに登壇。自身の“先祖”について明かし、会場を驚かせた。

同作は、祖母が遺した手紙で、死んだはずの母が生きていたことを知った三姉妹が、自分たちの傷に向き合いながら、母の過去を辿り、未来への一歩を踏み出そうとする心温まるストーリー。ミムラが長女、比嘉が次女、佐々木が三女を演じた。

◆比嘉愛未「何で今まで言ってくれなかったんだろう」

舞台挨拶の終盤、「死んだはずの母が生きていた」という映画の内容にかけて、家族に打ち明けられて驚いたエピソードを披露する企画を実施。しかし、時間がないという理由でMCから「絶対に受ける自信のある人が自ら話してください」とハードルを上げられると、佐々木らは「私、やめておこう。絶対にスベる」と躊躇していた。

すると、比嘉は立候補し、「最近、沖縄に帰ったときに、ひいおばあちゃんがまだ元気で101歳なんですけど、いつも家に不思議な紋章が掲げられていて、『あれ何?』って聞いたら、ひいおばあちゃんが『あんた知らなかったの?うちは沖縄の琉球王朝の末裔なんだよ』って言われたんです」と告白。会場全体が驚く中、「そういうことをつい最近知らされて、すごいことなのに何で今まで言ってくれなかったんだろうってビックリしました」と打ち明けると、MCから「そういう流れで品のあるお顔をされているんですね」といじられ、照れ笑いを浮かべた。

◆桐山漣「包容力の桐山みたいなところはある」

また、比嘉演じる次女・藍の恋人で、幼い頃のトラウマが原因で結婚に踏み切れないという役を演じた桐山には、「自分が(役と)同じシチュエーションになったらどう行動すると思うか」と質問。

桐山は、「包容力の桐山みたいなところはあるんですけど」とコメントして、キャストたちから「自分で言ったね」とツッコミを受けつつも、「(役の)聡ほど親身になって、そばにそっといるような支え方をできる男性ってなかなかいないんじゃないかなと思っているので、ああいう人になって行けたら素敵だなって。僕はまだまだ足りないですね。包容力しかないので」と語った。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)