二階堂ふみ×山崎賢人が語る「1つ大きく変化することになった」「今までに演じたことの無い役」

二階堂ふみ×山崎賢人が語る「1つ大きく変化することになった」「今までに演じたことの無い役」

映画『オオカミ少女と黒王子』でW主演をつとめた二階堂ふみと山崎賢人(C)八田鮎子/集英社 (C)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

【二階堂ふみ・山崎賢人/モデルプレス=10月5日】今年5月に公開された映画『オオカミ少女と黒王子』でW主演をつとめた二階堂ふみと山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)が、同作のブルーレイ&DVD(10月5日発売)の特典映像としてシーンセレクション・インタビューを撮り下ろし。同作のエピソードを語った。

八田鮎子氏の人気コミックを実写映画化した同作は、恋愛経験ゼロなのに「彼氏がいる」とウソをついてしまった篠原エリカ(二階堂)と、“絶対服従”を条件に彼氏のフリを引き受ける佐田恭也(山崎)のラブコメディー。メガホンを取ったのは『ストロボ・エッジ』『娚の一生』『余命1カ月の花嫁』で知られる廣木隆一監督。

◆二階堂ふみ×山崎賢人が語る

インタビューで二階堂は「私にとって1つ大きく変化することになった作品」と振り返り、山崎も「恭也という役が今までに演じたことの無い役だった。本当に色んな見方ができる映画。巻き戻して止めて再生!と何回でも楽しめます!」と新たな楽しみ方を提案。また、廣木監督はお気に入りのシーンを「後半の二階堂と(門脇)麦ちゃんのシーン。あれはやったなって思っている。声と風景だけでも切ないシーン。“オオカミ少女と黒王子”が”エリカと恭也”になる瞬間を映画の中で感じてもらえれば、この映画を作った意味があると思う」と語っている。

シーンセレクション・インタビューにはほか鈴木伸之、横浜流星、吉沢亮が参加している。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)