大島優子、関ジャニ∞大倉忠義へのイタズラを懺悔「本当ごめんなさい」

大島優子、関ジャニ∞大倉忠義へのイタズラを懺悔「本当ごめんなさい」

大島優子、関ジャニ∞大倉忠義へのイタズラを懺悔「本当ごめんなさい」(C)モデルプレス

【大島優子/モデルプレス=10月13日】13日、都内で映画『疾風ロンド』(11月26日公開)の完成披露プレミアムイベント&完成披露舞台挨拶が行われ、主演の阿部寛をはじめ、関ジャニ∞の大倉忠義、大島優子らが出席。大島は今作で初共演となった大倉に対し、撮影中にイタズラを仕掛けたことを明かした。

撮影中に共演者から助けられたエピソードを求められると、大倉は「だんだんスキーが滑れるようになった頃に、危険で滑っちゃいけないところで撮影した時、大島さんに思いっきり背中を押されたんですよ。『助けろよ!』って思った」と“助けてもらえなかった”秘話を告白。

大島は「ちょっとイタズラをしてみたんですよ。確かに押しました(笑)。本当ごめんなさい!」と認め謝罪しつつ、「押したら顔がぐちゃ!って雪について、その後起き上がった顔がイラッとしてるのがわかった(笑)。いつ謝ろうかなと思っていた」と大倉の様子を暴露。「いや、イラッとはしてないですけど(笑)、メイク直しにまた時間がかかる…」と本音を吐露する大倉はやはり煮え切らないようで、大島は「イラッとしてるじゃないですか〜!!」と慌て、会場を笑わせていた。

◆巨大“疾風機”でヒット祈願

この日はキャスト陣が、ゲレンデをイメージした“ホワイトカーペット”の上を歩いてステージに登場。ミニ扇風機を手にしたファン500名と一緒に、巨大“疾風機”で雪山ならぬ風船の山を空に向かって飛ばし、ヒット祈願を行った。

今作は、多くのベストセラー小説を世に送り出す人気作家・東野圭吾氏が17年ぶりに書き下ろし、瞬く間に100万部を売り上げた同名小説を実写映画化。「サラリーマンNEO」「あまちゃん」の演出を担当し、日本中に一大ブームを巻き起こした吉田照幸監督がメガホンを取った。阿部は医科学研究所の主任研究員・栗林和幸、大倉はパトロール隊員・根津昇平、大島はスノーボードクロス選手・瀬利千晶をそれぞれ演じる。

このほかイベントには堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊淳、野間口徹、麻生祐未、柄本明、吉田監督が登壇した。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)