野村周平、撮影の壮絶体験語る「監督は有罪!」

野村周平、撮影の壮絶体験語る「監督は有罪!」

映画「ミュージアム」のジャパンプレミアに登場した野村周平 (C)モデルプレス

【野村周平/モデルプレス=10月13日】俳優の野村周平が、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた小栗旬主演の映画「ミュージアム」(11月12日公開)のジャパンプレミアに出席。同作の壮絶な撮影エピソードを明かした。

◆昼休憩以外は一日中宙吊りに…

映画は、カエルのマスクを被って猟奇殺人を行う“カエル男”に妻子を殺害のターゲットにされた小栗演じる刑事・沢村の攻防を描く。

沢村と事件を追う相棒刑事役の野村は、撮影でビルの11階の高さから宙吊り状態を経験したというが、「昼休み以外一日宙吊りでした。大友(啓史監督)組は厳しいと聞いていたので試練かなと耐えましたが…」と壮絶エピソードを語った。

大友監督は野村のエピソードに対し「(野村のことを)吊るしたくなるからなあ…」とドSに返すと、野村は同作の内容に絡め「監督は有罪です!」と“判決”を突きつけていた。

◆“グリーンカーペット”ではファンと交流

ジャパンプレミアには主演の小栗、野村のほか、殺人鬼・カエル男を演じることをこの日の会場で発表された妻夫木聡、尾野真千子、丸山智己、松重豊が出席。

会場には作品のイメージにちなんで、レッドカーペットならぬグリーンカーペットが敷かれ、キャストが歩きながら観客1200人と交流。サインや写真撮影などファングリーティングが行われ、会場は黄色い悲鳴がやまなかった。(modelpress編集部)

■映画「ミュージアム」

雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。犯行現場に残された謎のメモ、そして見つけられることを前提としたかのような死体。犯人はカエルのマスクを被った殺人アーティスト・カエル男(妻夫木)。事件の関連性に気付いた沢村刑事(小栗)が捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がる。カエル男の次のターゲットとは?そして、犯人を追うはずの沢村が、逆に絶望的な状況に追い詰められて行く。果たして、カエル男の目的は?

出演:小栗旬、妻夫木聡、尾野真千子、野村周平、大森南朋、市川実日子
主題歌:「ONE OK ROCK」

関連記事(外部サイト)