関ジャニ∞大倉忠義、恋愛失敗談明かす「今思い出しても恥ずかしい」

関ジャニ∞大倉忠義、恋愛失敗談明かす「今思い出しても恥ずかしい」

関ジャニ∞大倉忠義、恋愛失敗談明かす「今思い出しても恥ずかしい」/(写真左より)大島優子、阿部寛(C)モデルプレス

【大倉忠義/モデルプレス=10月13日】13日、都内で映画『疾風ロンド』(11月26日公開)の完成披露プレミアムイベント&完成披露舞台挨拶が行われ、主演の阿部寛をはじめ、関ジャニ∞の大倉忠義、大島優子らが出席。大倉は過去に起こった恋愛失敗談を明かした。

今作の内容にちなみ、“雪山に埋めてしまいたい出来事”を問われると「この世界に入る前に、林間学校の最後のイベントで怖い話を先生がしてくれた時に、好きな人が横にいたんですけど…」とジャニーズ事務所に所属する前のエピソードを語り始めた大倉。

片想い相手が隣にいながらも「思いっきりオナラしちゃった(笑)」とまさかのハプニング。会場に笑いや悲鳴が起こる中、大倉は「なんでかわからないですけど、隣のヤツに『お前、屁こくなよ!』ってごまかした。今思い出しても恥ずかしい…」と照れ笑いを浮かべていた。

◆巨大“疾風機”でヒット祈願

この日はキャスト陣が、ゲレンデをイメージした“ホワイトカーペット”の上を歩いてステージに登場。ミニ扇風機を手にしたファン500名と一緒に、巨大“疾風機”で雪山ならぬ風船の山を空に向かって飛ばし、ヒット祈願を行った。

今作は、多くのベストセラー小説を世に送り出す人気作家・東野圭吾氏が17年ぶりに書き下ろし、瞬く間に100万部を売り上げた同名小説を実写映画化。「サラリーマンNEO」「あまちゃん」の演出を担当し、日本中に一大ブームを巻き起こした吉田照幸監督がメガホンを取った。阿部は医科学研究所の主任研究員・栗林和幸、大倉はパトロール隊員・根津昇平、大島はスノーボードクロス選手・瀬利千晶をそれぞれ演じる。

このほかイベントには堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊淳、野間口徹、麻生祐未、柄本明が登壇した。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)