内田理央、共演者から愛人疑惑「普通ではありえない」

内田理央、共演者から愛人疑惑「普通ではありえない」

内田理央、共演者から愛人疑惑「普通ではありえない」(C)モデルプレス

【内田理央/モデルプレス=10月14日】モデルで女優の内田理央が14日、京都府で開催中の「京都国際映画祭2016」にて「TV DIRECTOR'S MOVIE」に出品された映画『Bros.マックスマン』の舞台挨拶に竜星涼、ケンドーコバヤシ、増田哲英監督と出席した。

◆内田理央が“愛人”に?

同作は2015年の沖縄国際映画祭で誕生した映画「Mr.マックスマン」のシリーズ第2弾。

前作にも出演していた内田は、「今回は新人からベテランアナウンサーに出世して、私自身もヒロインに昇格できました」とニッコリ。ところがコバヤシから、「その年数で出世するということは、何かの愛人になったとか…普通ではありえないからね」と疑惑をかけられてしまい、内田本人も「そうなんですかね〜?何かあったのかな?」と首を傾げた。

◆内田理央&ケンドーコバヤシが急接近

また、写真撮影時にコバヤシは、隣にいる内田に凝視。

会場から笑い声が巻き起こる中、コバヤシの方を振り返った内田は「すごい近い!結構な近さですよね」と慌てていたが、コバヤシは関せず「でも触れていないから犯罪にはならない」と言い切り、さらに困らせていた。

◆千葉雄大&竜星涼が兄弟役

今作は、「初代マックスマン・谷口正義(千葉雄大)にインドネシアに留学していた弟がいた!」という導入で、主人公の弟・谷口英雄(竜星)が、兄の勤めるテレビ局でAD見習いをしながら正義のヒーロー・ブラザーマックスマンへと変身する痛快ストーリー。

竜星、内田、コバヤシのほか、前作の主人公・千葉雄大、同じくヒロイン・山本美月なども登場する。

◆京都国際映画祭2016

同映画祭は、「京都映画祭」の伝統と志を引き継ぎながら、新たな映画文化の創造をはかるべく2014年より開催。3回目となる今回のキャッチコピーは『京都上ル上ル(あがるあがる)』で、10月13日〜16日まで京都市内を中心に実施。

京都ならではの人材・技術・経験を活かし、伝統文化・芸能も伝承しつつ新たな映画文化の創造を図るべく、京都から全国に、アジア諸地域を含む全世界への発信を目指して、映画祭の輪をより一層広げていく。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)