有村架純を「好きになった」菅田将暉が告白 舞台裏での“神対応”を明かす

有村架純を「好きになった」菅田将暉が告白 舞台裏での“神対応”を明かす

有村架純を「好きになった」菅田将暉が告白 舞台裏での“神対応”を明かす (C)モデルプレス

【有村架純・菅田将暉/モデルプレス=10月15日】15日、都内で映画『何者』初日舞台あいさつが行われ、主演の佐藤健はじめ、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之らが出席。菅田は、有村から現場裏で“神対応”を受けたことを明かし、「好きになりました」と告白した。

◆有村架純の“神対応”に感激

「この中で一番モテるのは誰?」の質問にそれぞれが答えるコーナーで、有村と回答した菅田。「今日久しぶりにお会いしたんですけど、(有村から)『ドラマ、大丈夫?大変じゃない?』って言われて」と有村の心遣いに感激した様子で「好きになりました」と公開告白。大胆発言で会場を沸かせると、有村は恥ずかしそうな笑顔をのぞかせた。

◆佐藤健も絶賛「現実的にモテるのは有村さん」

また、佐藤も有村の名前を挙げ、その理由を問われると「なぜかって?それは愚問ですよ。そのまんま、モテるでしょ。僕は現実主義者なので、現実的にモテるのは有村さん」と絶賛していた。

同作は平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した朝井氏によるベストセラー小説「何者」を実写化。就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生の姿が描かれる。

舞台あいさつには三浦大輔監督も登壇した。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)