前田敦子、7年ぶりの再会に感激 “紳士”な対応に会場沸く

前田敦子、7年ぶりの再会に感激 “紳士”な対応に会場沸く

「スター・トレック BEYOND」ジャパンプレミアイベントに出席した前田敦子 (C)モデルプレス

【前田敦子/モデルプレス=10月19日】女優の前田敦子が19日、都内で行われた映画「スター・トレック BEYOND」(10月21日より全国公開)のジャパンプレミアイベントに、製作のJ・J・エイブラムス氏、脚本とスコット役を務めたサイモン・ペッグ、ジャスティン・リン監督とともに登壇。J・J氏と7年ぶりの再会を果たし、感激した。

同シリーズの50周年記念アンバサダーを務める前田は、J・J氏が監督を務めた同シリーズ1作目の来日プロモーション以来、7年ぶりに再会にJ・J氏と対面。「7年前の来日記者会見でお会いして以来、すっかりファンになりました。今回また再会できてすごく嬉しいです」と笑顔を見せた。

◆J・J氏の紳士な一面にドキっ

イベントでは、前田がアンバサダーとしてサーチライト点灯演出のカウントダウンをスタートさせ、宇宙へ向けたメッセージを発信。感想を聞かれると「ここからだとちょうど見えないんです(笑)」と頭上の演出が見えなかったことを正直に明かして笑い「ここにいる皆さんと(エンタープライズ号の一員に)なれたかなと思います」と嬉しそうな様子。また降壇時、前田がロングドレスの裾を踏んでしまいつまずくと、J・J氏がそっと手を差し伸べる紳士的な一面を見せ、会場を沸かせた。

同作は、ジェームズ・T・カーク艦長率いるエンタープライズ号のクルーたちが、宇宙の最果てにある未知の領域を探索する過程で、彼らの存在意義の真価を問う謎の敵と遭遇し、新たな戦いに導かれる姿が描かれるSF映画。

「スター・トレック」の全作品で来日しているJ・J氏は、日本のファンを前に「東京に戻って来られて本当にうれしいです。というのは、世界で一番大好きな都市が東京だからです」とコメントして会場を沸かせ「このワールドツアーを東京で終われるのが最高に幸せです」と喜んだ。

また、親日家で日本のオタク文化が大好きというサイモンは、日本で行ってみたい場所を聞かれると「オタクー!」と絶叫してファンを盛り上げ、「日本のあちこちに行きたいなと思っているのですが、とくにスノボーが大好きで、日本では素晴らしいパウダースノーが体験できるということで、それを楽しみにしています」と語った。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)