Sexy Zone中島健人、王子禁止令からの解禁「ケンティーです!」 最高で最強な座長が“心の叫び”

Sexy Zone中島健人、王子禁止令からの解禁「ケンティーです!」 最高で最強な座長が“心の叫び”

(左から)石井杏奈、芳根京子、寛一郎(C)モデルプレス

【中島健人/モデルプレス=7月22日】Sexy Zoneの中島健人が22日、都内で行われた主演映画『心が叫びたがってるんだ。』(通称:ここさけ)の公開初日舞台挨拶に、芳根京子、石井杏奈、寛一郎、熊澤尚人監督とともに出席した。

今作は「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命された本音を言わない少年・坂上拓実(中島)、おしゃべりが出来ない少女・成瀬順(芳根)、優等生の仁藤菜月(石井)、野球部の元エース田崎大樹(寛一郎)の4人がミュージカルに取り組み、それぞれの悩み、そしてほのかな恋心を、「歌」を通して解放していく青春共感ラブストーリー。

役づくりとして王子感を封印するように、熊澤監督から“王子禁止令”が出されていたという中島だが、ラストのミュージカルシーンのみ解禁に。見どころのシーンとして「監督から『ここはケンティーでいてくれ』と許可が下りたので、そこは注目してほしい」とアピールした。

◆“ここさけ”であいうえお作文

また「ここさけ」であいうえお作文を発表する際には、「こんにちは!」(寛一郎)、「このメンバーでここまで来れたのも!」(石井)、「最高に最強な、そんな座長は!?」(芳根)と続いて、最後に中島が「ケンティーです!」とキラキラスマイルで締めくくり会場を沸かせ、「ここさけメンバーマジ大好きだわ!」と心の叫び。「俺考えてたの『健気に生きる』だったのね」という中島以外のメンバー3人は打ち合わせをしていたようで、「ちょっと待てよ!本当に支えていただきました。嬉しさで叫んでます。ありがとう!」と感謝した。

舞台挨拶ではすっかり王子を解禁した様子の中島だったが、役名の「坂上拓実」を噛んでしまう一幕もあり「噛んじゃった(笑)。すみません、甘噛み拓実になっちゃいました」と茶目っ気たっぷりに挨拶。しかし最後には「この作品は言葉の色、重み、大事さ、それを大切にしてる作品です。皆さんにとっていろいろな捉え方があると思いますが、でもここさけの制作陣の皆さんが『やりたい!』としっかりと言葉にして話してくれたからこそ、そして監督がこのメンバーを揃えたいと言ってくれたからこそ、今この時間を共有できていると思います。言葉は人を強くしますし、最高の失恋はあなたの明日を勇気づけると思います。この作品で皆さんの明日をより良いものにすると僕は信じています。ここさけを愛してください」としっかり今作をPRした。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)