福山雅治は「嫌なヤツだと…」吉田鋼太郎からの暴露に焦る<三度目の殺人>

福山雅治は「嫌なヤツだと…」吉田鋼太郎からの暴露に焦る<三度目の殺人>

福山雅治 (C)モデルプレス

【福山雅治/モデルプレス=7月31日】31日、映画『三度目の殺人』(9月9日公開)完成披露試写会が行われ、主演の福山雅治をはじめ、役所広司、広瀬すず、吉田鋼太郎、斉藤由貴、満島真之介、是枝裕和監督が登壇した。


◆福山の第一印象は「嫌なヤツ」?吉田鋼太郎が暴露

今作が福山と初共演となった吉田は、初対面となった顔合わせでの福山の印象について「福山さんが挨拶はしてくれたんですけど、目を合わせてくれなくて、一言も口をきいてくれなかった。『嫌なヤツだな、なんだコイツ』って思っていました」とまさかの暴露。「僕ですか!?」と慌てる福山に、吉田は「やっぱりスターなんだなと。これから(撮影の)2ヶ月間、たまったもんじゃないなって」と続けて笑いを誘うと、福山は「すごく緊張していたんです」と弁明。

さらに「いまさらこんなこと言うのもあれですが、基本人見知りなんです。僕の中では『鋼太郎さんも人見知りなんじゃないかな』って、人見知りシンクロを感じていました」と無愛想になってしまった理由を明かすと、吉田も「僕も人見知りなんです(笑)。それで一言も口をきかない現象が。本読みの後は、全然そんな人じゃなかったですから」と笑顔で振り返った。

撮影期間には共演シーンの多い福山と吉田、満島で飲みに行くほど意気投合したそうで、満島は「タクシーで3人で座ってると、横を見ると福山さん、隣を見ると鋼太郎さんがいて、どうやって息を吸えばいいのかわからなかった。すごく楽しくてすごく仲良くなったんですよ」と楽しげにトーク。「シリアスな作品なのに現場では『お疲れ様です!』って」と現場でのハイテンションぶりを再現して会場を和やかな空気に包み、福山からも「満島くんは希代のムードメーカー。こんなに人から嫌われない男も珍しい」と絶賛を受けていた。

◆是枝監督が心理サスペンスを描く

是枝監督と『そして父になる』以来の再タッグとなる福山を主演に、是枝組初参加となる役所を迎えた本作は、監督が近年描いてきたホームドラマから一転し、かねてより挑戦したいと考えていた法廷を舞台にした心理サスペンス。

裁判に勝つためには真実は二の次と割り切る弁護士・重盛(福山)が担当することになったのは、死刑がほぼ確実な殺人事件。容疑者は二度目の殺人を犯した男・三隅(役所)。三隅の供述は会うたびに変わり、動機は一向に見えてこない。やがて浮かび上がったのは、被害者の娘・咲江役(広瀬)の存在。なぜ殺したのか?本当に殺したのか?二度の殺人を犯した男の深い闇。その先に待ち受ける三度目の殺人とは―?(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)