Hey! Say! JUMP山田涼介が涙 西田敏行からサプライズ手紙「悩んだこともあったと思う」<ナミヤ雑貨店の奇蹟>

Hey! Say! JUMP山田涼介が涙 西田敏行からサプライズ手紙「悩んだこともあったと思う」<ナミヤ雑貨店の奇蹟>

西田敏行(C)モデルプレス

【山田涼介/モデルプレス=9月23日】Hey! Say! JUMPの山田涼介が23日、都内で行われた映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』初日舞台あいさつに、共演の西田敏行、村上虹郎、寛 一 郎、成海璃子、門脇麦と、廣木隆一監督とともに出席した。

◆山田涼介、感極まる「どうしてこんなにわかるんだ」

舞台挨拶では、西田から主人公・敦也を演じた山田へ、サプライズで手紙が贈られる場面が。

西田は「山田くんを初めて知ったのはテレビのバラエティで、とてもキラキラした青年だという印象。そのあとグループ活動が多くなるのと比例してお芝居で活躍する姿も拝見していました。これまでアイドルである自分、俳優である自分のバランスに悩んだこともあったと思います。色眼鏡でみられることもあったでしょう」と山田の心情を察しながら、「それでも決して弱さを見せない山田くん。現場での佇まいや完成作を見て、それは杞憂に終わりました。あなたは俳優として堂々とスクリーンに存在している」と“俳優・山田涼介”へ労いの言葉をおくった。

そして、「壁や障害、葛藤、周りから言われることもあるかもしれないけれど、前を向いて。大丈夫、あなたの未来は明るい。そう確信しています」と愛に溢れるメッセージ。

思いを巡らすように西田の手紙に耳を傾けていた山田は、手紙を渡されると深く頭を下げ、「びっくりしました。何でこんなに(自分の気持が)わかるんだろうなって…なんかね…」と溢れる涙をこらえきれず、目頭をおさえながら「恥ずかしい。これはズルいですね」とポツリ。そんな山田の姿に西田も感極まった表情で「僕は山田くん好きですね。いいやつですよ。Hey! Say! JUMPもがんばってね」とアイドル活動にもエールを送って場を和ませ、会場からも温かな拍手が沸き起こった。

西田が手紙を読み上げる場面では、会場からもすすり泣く声が。山田は「小さい頃から映像の中で活躍される西田さんを見てきました。今回、同じシーンはなく、そんなに多くをお話したわけではないのに、心の中を全部読まれているようで、グッときてしまいました。また同じ映像でご一緒できる日が来たらとおっしゃっていただいたので、僕も常に精進して、いつかまたご一緒できるよう頑張っていきたいです。ありがとうございました」と感謝した。

◆映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

同作は“東野圭吾作品史上もっとも泣ける感動作”として高い支持を得る同名ベストセラー小説を映画化したもので、かつて悩み相談を受けることで知られていた古い雑貨店「ナミヤ雑貨店」を舞台に、悪事を働いてそこに逃げ込んだ敦也(山田)と32年前の同じ場所で人々から悩み相談を受けていた店主の浪矢雄治(西田)の時間と空間を超えた繋がりを描く。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)