“チャーハンばっかり作っていた”綾野剛、西島秀俊への後ろめたさを告白

“チャーハンばっかり作っていた”綾野剛、西島秀俊への後ろめたさを告白

綾野剛&西島秀俊 (C)モデルプレス

【綾野剛・西島秀俊/モデルプレス= 9月25日】俳優の綾野剛と西島秀俊が25日、嵐の二宮和也主演映画『ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜』の完成報告記者会見に出席。

◆綾野剛、西島秀俊に後ろめたさ

劇中で料理人を演じる西島は「僕はチャーハンを当初作る設定で、ものすごくチャーハンを練習した…」と明かすと、綾野は人知れず苦笑。続けて「僕は(チャーハンの)撮影が無くて、綾野くんがものすごい作ってた…(笑)僕、ものすごい練習したんですけどね…」と残念そうに明かした。

撮影で“チャーハンばっかり作っていた”綾野は、西島の話を受け「いや、あの…僕は(劇中で現代編に登場するため)現代のチャーハンの鍋で、旧式は本当に持つのが大変で筋力だけではどうにもならなかったです。(旧式でチャーハンの練習をしていた西島が)『いや〜もう腕が痛いんだよね〜』なんて言ってて…。それで映画を観たときに“あれ…西島さん(鍋)振ってないぞ…”と思ってちょっとどうしようと思った…」と申し訳なさそうに話した。

綾野は西島に「実際鍋を振ったシーンはあったんですか?」と尋ねると西島は「ないね…」と即答。

二宮も「西島さんは会う度に言ってて、(チャーハンのシーンが無かったことを)根に持っている…」と明かし笑いを誘っていた。

◆ラスト・レシピで豪華共演

2006年公開のクリント・イーストウッド監督作『硫黄島からの手紙』の演技で世界中から注目を集め、2015年公開の山田洋次監督作『母と暮せば』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。いまや名実ともに日本を代表する演技派俳優となった二宮が主演を務める今作。

物語は、70年前に天皇の料理番・山形直太朗(西島秀俊)が考案した幻のフルコース。歴史に消えたその伝説のレシピの謎を追うのは、どんな味でも再現できる=絶対味覚“麒麟の舌”を持つ天才料理人・佐々木充(二宮)。最後の一皿に隠された、壮大な愛を描く。

1930年代に山形が考案した伝説のフルコース「大日本帝国食菜全席」の再現を依頼されたのは、70年後の現在で究極の味覚を持つ天才料理人・佐々木。映像には本作の見どころのひとつでもある豪華絢爛な料理、そして、その再現のためにレシピの謎に奔走する佐々木の姿。さらには燃えるレシピと激昂する三宅の姿などシリアスなワンシーンも映し出されている。

会見にはほかに宮アあおい、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)も出席した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)