坂口健太郎、テレビで観ていた「松本潤じゃなかった」 現場でイメージ覆る<ナラタージュ>

坂口健太郎、テレビで観ていた「松本潤じゃなかった」 現場でイメージ覆る<ナラタージュ>

坂口健太郎 (C)モデルプレス

【松本潤・坂口健太郎/モデルプレス=9月27日】27日、都内にて映画「ナラタージュ」(10月7日公開)スペシャル試写会が行われ、主演の松本潤(嵐)をはじめ、ヒロインの有村架純、坂口健太郎、行定勲監督が登壇した。

◆「松本潤じゃなかった」坂口健太郎が驚く

島本理生氏原作の恋愛小説を映画化した同作は、高校教師と生徒として出会った2人が、時が経ち再会した後、決して許されはしないが、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちる物語。

松本は許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山貴司を演じており、共演を振り返った坂口は「驚いたのは、松本さんが松本さんじゃなかった(こと)」と率直な感想を告白。これまでテレビを通して観ていた松本のイメージが現場で覆されたようで、「柔らかい雰囲気で、本当に葉山先生(役名)だった。松本潤じゃなかった。葉山先生としてそこに立っているのが見え隠れした」とその驚きを表現した。

一方、松本は公開を控え「ドキドキしています」と心境を吐露。「明るいハッピーなラブストーリーではないので、どう受け取ってもらえるか…」と不安と期待を寄せていた。

◆「一生に一度の恋」エピソード披露

劇中で有村は葉山を全身全霊で愛する20歳の女子大生・工藤泉役、坂口は泉に想いを寄せる大学生・小野怜二役。映画「君と100回目の恋」では、一途男子を熱演して脚光を浴びた坂口だが、今回は恋心ゆえ嫉妬に狂った姿を披露している。

なお、今回のイベントは「一生に一度の恋をした人」限定の試写会となっており、事前に募集した実体験の一部を舞台上で披露する場面もあった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)